2008年08月12日

日本vsノルウェー(北京オリンピック)

5−1 (日:近賀、ОG、大野、沢、原 ノ:だれだ?)

言い方は悪いけれど、まさかの勝利!!見事、予選リーグを3位で突破。

心も体もコンディションが完全にノルウェーを上回っていたからこその結果。

暑い中の試合だし、3戦目という疲れがたまる辛いコンディションだろうけれど、90分ハイプレッシャーで走り、ボールを回し、相手を圧倒した。日本の良さを生かした、いいサッカーをしている。

なんと次は中国。決勝トーナメントの中でどこに入るよりも恵まれた。審判のジャッジは心配だけれど…



posted by はなちゃん at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

日本vsアメリカ(北京オリンピック)

0−1 (ア:7番)

「まったく見るべきところがない」なんて山本はなんて端的に解説してくれるのだろう(笑)そんなアメリカの糞サッカーに敗戦。

ただこれはオリンピック。内容や恥や外聞よりも勝利だけを目指して「サッカー」をする気のなかったアメリカに勝利を奪われた。結果がすべて。

日本もボールは回せたが、森本と後ろの選手の間が空いてしまい、効果的な分厚い攻撃ができなかった。DFラインは危なげなかったが、勇気を出してもっとラインを上げていかないと攻撃が辛い。

まぁ結局は決定的なチャンスを決め切れないからの敗戦であるのは事実。プロとして技術や豊富な運動量を発揮し、しっかりとした「サッカー」はした。チャンスも何度も作った。気持ちも見えた。

ただそれも結果を残せなければ評価されない。

日本にもパスミスなどの簡単な集中力の欠けたプレーも少なくなかった。あと2試合になってしまったが、焦ったときの基本的なミスなどしっかりなくして、日本らしいサッカーを貫いてチャレンジしてほしい。


あとはピッチひど過ぎ。解説でも触れていたが、ユーロやW杯など、他のサッカーの国際大会でこんなピッチが提供されることは普通ない。やっぱりアジアの途上国での大会なんだな〜って感じた。

このピッチを提供している国がオリンピックを開催するのに値する管理能力なのかはなはだ疑問。条件は両チームに同じでも、会場の質だけでなくプレーの質にも影響するのだから。

水泳のプールに塩や砂が入っていない、陸上トラックがでこぼこしていない、柔道場の畳がボロボロでないのと同様に、サッカーのグラウンドもしっかり管理してからオリンピック会場にしてほしい。

審判の判定だけは反日にしっかり管理されたようだけど…ただGKの開始直後から繰り返される露骨な時間稼ぎをもっと早い段階で審判にアピールできるような試合のコントロールもほしかった。
posted by はなちゃん at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

日本vsニュージーランド(オリンピック女子サッカー)

2−2 (日:宮間、沢  ニ:だれかとだれか)

どちらもチームとしての狙いがはっきりとしていた。日本は細かくワンタッチ、ツータッチでつないでいく。

NZはがっちり守って、裏へ蹴ってフィジカルを生かす。

それが先に実ったのはNZ。開始は勢いよく攻め、試合の流れをつかむ。ただ日本も落ち着いてしっかりと受け止め、徐々に流れをつかんでいく。その後は日本が試合を完全に支配。

しっかりとしたサッカーをしたのは日本。NZの攻撃も単発で怖さもなく、日本がいつ先制するかと思っていたが…

ここで勝ち点3を取れなかったのは辛い。アメリカ、ノルウェー相手に勝たなければ次に進めないだろう。加油!!

それにしても審判はひどい。単純な判定ミスが多すぎる。世界大会をさばくレベルではない。あの程度で笛を吹くなんて出ている選手にも、出られない選手にも失礼だ。


posted by はなちゃん at 21:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

浦和vsバイエルン・ミュンヘン(さいたまシティカップ2008)

2−4 (浦:梅崎、阿部 バ:クローゼ、ポドルスキ×3)

「世界と戦うには気持ちが大切」

とか言うけれど、こういう試合を見ると、気持ちでまさる浦和が「極東にちょいと観光を兼ねて」みたいなバイエルン・ミュンヘンにちんちんにされるとやっぱり技術が1番だよな〜と当り前の基本的なことを痛感する。

日本代表だけでなく、こういうクラブレベルの試合をもっとサッカー協会を含めてJ全体がしっかりと分析して、どういう技術が日本人には足りないのか、どういう風に技術を発揮できるように練習していけばいいのかという、いいモデルケースになる試合だと思う。

PSMとはいえ、レッズがちんちんにされるなんてアジアではほとんどないのだから。

ぜひユース年代の育成に生かしてほしい。

と、浦和ざま〜みろと思う前に感じてしまった。東京もバイエルンにはちんちんにされたし、日本が、Jがなめられたままでは悔しすぎる。マジで「日本ツアー=金儲け」で終わらせてたまるか〜!

何年か後には

気楽な気持ちで日本に来るとヤケドスルゼ

って思わせたい。


posted by はなちゃん at 20:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

Jリーグ選抜vsKリーグ選抜(JOMO CUP 2008)

1−3 (J:闘莉王 K:チェソング、エドゥー×2)

チャンスは作り、しあいも支配したけれど、決め切れないJリーグ選抜。そういう試合はたいてい、セットプレーからやられてしまう。まさにその通りの展開。

まぁJリーグ選抜はちょっと集まって、とりあえず試合〜みたいな感じなのに対して、Kリーグはリーグを中断して、合宿もして臨んだみたいだし、そういう試合に向けての姿勢とか、気持ちが結果にも出た感じ。

今回のオールスター、形としては面白いけれど、せっかく行った選手が10分ぐらいの出場とかってどういうこと!?しかも、選出基準がよくわからないし。

どうせやるなら、もっと楽しいお祭りみたいな方が個人的には好きだな。球際けっこうガチなときもあったし、こんなんで怪我されたらたまったもんじゃないし。
posted by はなちゃん at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

ガンバ大阪vsアルセナル(スルガ銀行チャンピオンシップ)

0−1 (ア:カルロス・ダミアン・カステグリオネ)

アルゼンチンのチーム相手にガチでボール回しをして、ある程度試合を支配するガンバやるな。

しかも、バレー、遠藤、播戸、安田がいなくって、しかも途中で加地、山口もいなくなったし…

これだけ主力が抜けてもそこそこやるのがすごい。しかもそこそこできちゃうし。

スルガ銀行カップに大阪のチームが出場して、地元のライバル?セレッソの長居で試合して、テレビ中継がTVKってどんだけチグハグなのだ!?


posted by はなちゃん at 22:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

U-23日本vsU-23アルゼンチン(親善試合)

0−1 (ア:ディマリア)

梶山vsリケルメは燃えた!いや、萌えた!

リケルメ相手にふっ飛ばしやヌルヌルキープをする梶山。彼には相手がどうとかあまり関係ないほどの能力があるのだろう。

いい意味で流れに変化をもたらせる梶山を北京でも見たいぞ!


で、試合の感想。

得点差はたった1点。

しかし、両チームの力の差ははっきりとあらわれていた。

確かに守備はそれほど危ない場面を作られなかった。ただそのアウェーアルゼンチン以上にホームの日本はサイドは何度も突破できたが、決定機をまったく作れなかった。

日本が守備の意識を高くして引きこもれば、そこそこ抑えられるのは今までの世界との戦いで分かっていたはず。

8年前は同じような条件でアルゼンチンに勝利して、ベスト8止まり。

強豪相手にしっかりと守って、守って0−1。フランスW杯を思い出した。

そこからどう1歩を踏み出すかで、トルシエ→ジーコ→オシムと日本フル代表が歩んでいるのに、オリンピック代表は10年前の岡田JAPANと同じような位置にいるようで…

ドイツW杯の代表もアウェーでホームのドイツ相手に引き分けて自信をつけて、本大会で惨敗。

ホームで負けているのに「自信を得た」とか言っているオリンピック代表が同じ轍を踏まないことを願う。

敗戦なのに選手たちに高評価をしているエルゴラにもガッカリ。

この試合でみんな6や6.5って…Jリーグで勝ったチームの平均より高いのではというぐらいの高評価。

負けているけど、これが日本選手たちの限界ってことかな?
posted by はなちゃん at 22:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

日本vsオーストラリア

2−1 (日:香川、岡崎 オ:トンプソン)

1点目のゴールはすばらしかった。2点目のゴールも技ありのいいゴール。ただオーストラリアのGKの動きがヘンだったからラッキーゴールに見えてしまう…

そして失点は無駄な、最悪な失点。こんな土壇場の最終調整の時期(のはず…)にきて、初めて組んでいる選手ばかりなのが不安材料だよな〜

長友はそこそこの輝き。ただ接触プレーで何度も傷んでいたのが気になる。オリンピックや東京のためにも怪我はしないでね!

梶山はこういう縦に忙しいサッカーのトップ下?前目のボランチ?ではあまりいきないな…ポゼッションをしっかりするならこの場所でいいけれど、縦に忙しいサッカーならアンカーで使ってやってくれ。

青山がミス多かったから攻撃を考えれば梶山かと…守備を考えれば当然青山なのだが…


posted by はなちゃん at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

大宮vs磐田(第16節)

1−2 (大:冨田 磐:カレン、ジウシーニョ)

磐田が縦に速い展開で流れをつかむ。復帰した前田が前線でためを作れるし、ジウシーニョはうまくボールを運び、村井が左サイドを制する。

大宮はプレスにいってもかわされてしまうし、細かくつなぐ中盤でもミスが多く、ピンチはあれどもチャンスがまったくつかめない。

前田とジウシーニョは本当にいい選手だな〜。あとは今日は村井がいいところで奪ったり、奪ってから一気にサイドを上がったりよかった気がする。

ソックスが囚人服?セーラー服?みたいで変なのにいいサッカーをしていた。

大宮は中盤の押し上げがなく、押し返せず全然チャンスを作れなかった。後半、ロングボールで冨田のゴール(綺麗なゴールだけれど偶然っぽい)が生まれてから、でっかいラフリッチを投入し、圧力をかける。ここからロングボール大作戦になったけれど、何としても勝ちたい気持ちが伝わってきて、そこそこ楽しめた。

東京とか90分あのパワープレーやられたら普通にやられそう(笑)




posted by はなちゃん at 22:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

大宮vs緑(第14節)

2−0 (大:デニ〜ス・マルケ〜ス×2)

内容・結果はさておき、まずフッキやらが出場していてびっくり。てっきりいなくなったもんだと思っていた。

そして試合後のコメントを見て、やっぱりな〜と。

●服部年宏選手(東京V):前線の3人は、怖さを感じないと思う。連続したプレーは見せられてなかったと思う。

●柱谷哲二監督(東京V):「ブラジル人の2トップは練習不足で追い込みかたとかもできてなかった。攻撃に関してはブラジル人がいないところでキャンプをしたことが響いたとは思う。外国人選手を起用したのは僕に責任がある。来週にむけてトレーニングし直していきたい」

「審判に抗議してしまうのは、もう彼らは黙ることは難しいんだと思う。確かに僕らからみて良くわからない判定もあったし。ブラジル人は合流が遅れたことで体力的な不安があったのか、立ち上がりから飛ばせないところがあった。遅れの影響は感じる」

ブラジル人たちを批判する選手。それを必死で擁護する監督。

規律を守らない選手を使って結果がでるのならまだプロだから、わかるが、交代した後の方がよっぽど気持ちも動きもいいんじゃん?

まぁ柱谷がいろいろな状況にビビっている感じがあって、毅然と対応できていないようなので、このままいけばヴェルディは…サポはかわいそうだ。

まぁフッキも日本(J1)ではサッカーできないって言ってるようだし、来年はJ2でまたフッキにたくさんゴールを決めさせてあげて、気分よくサッカーができるようにしてあげられたらいいね。
posted by はなちゃん at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

イタリアvsオランダ(ユーロ2008)

0−3 (オ:ファンニステルローイ、スナイデル、ファン・ブロンクホルスト)

あの激しさ&速さの中でボールをしっかりと扱えるのがすごい。そこが世界とJの差だな〜と痛烈に感じた。日本の選手も慣れればできるのだろうけれど、Jやアジアとは激しさが違うので慣れる場がないし、イタリアもオランダも、その激しさの中で平然とポゼッションをしたり、ドリブルしたり、シュートを枠に飛ばしたり…

あとはラッキーな1点目(流れで傷んだ選手はピッチ外にいたらオフサイドライン対象外だと思うし…もしかして対象?)で流れをつかんだオランダがいい守備から、すごい流れるようなカウンター。奪ってからの速さ、ピッチを広く使った展開、なんて美しいゴールなのだろう。

あと負けたけれど、ピルロはいい選手だな〜と改めて思った。パスだけでなく、出したあとフリーでボールを受けられるように動き直しているし、体の強さを生かしてDFもしっかりとこなすし、梶山はあんな選手になってほしいな〜。

正直、チャンスをものにできたオランダ、チャンスをものにできなかったイタリアってぐらいしか差はなかった。その紙一重の差が勝敗をわけるユーロの厳しさってやつなのか。

おもしろい試合だった。
posted by はなちゃん at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

オマーンvs日本(W杯アジア3次予選)

1−1 (オ:12番 日:遠藤)

気温が高いのもよくわかったし、過酷な環境なのもよくわかる。

でも、アウェーだから引きわけでОKなんてまったく思えない。

DFが簡単にファールしたり、ボールをバウンドさせたり、ボールを回して、チャンスがあるのにシュートにいかない。挙句の果てに相手を蹴って退場する奴まで…

環境あんまり関係ないミスじゃん…

こんなレベルの試合をさせるためにカップ戦の中、貴重な選手を俺らのチームから送り出しているのではない!

これで緑なんかに負けてナビスコ敗退したとき、選手が怪我したとき、誰も補償なんかしてくれないのだから、せめて見ていて納得させる試合をしてほしい。

3次予選なんかで「アウェーだから」なんて変なところだけヨーロッパの厳しい戦いでの常識を当てはめないで、こんなところでモタモタせずに頼みます。一応、東京が第一だけれど、代表も期待しているから。代表が強ければ、Jリーグ王者も勝ち上がるだろうしね!

次のタイもきっと暑いだろうけど、言い訳のない試合を。

ただ玉田がすごく良くてびっくりした。スピードだけでなく、しっかりとボールをおさめていた!これもピクシー効果か!?
posted by はなちゃん at 21:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

日本vsオマーン(W杯アジア3次予選)

3−0 (日:中澤、大久保、俊輔)

すべてがうまくいったと言ってもいいぐらい順調な勝利。ほぼ狙い通りに物事が進むと、思わぬほどあっけなく進むことを思い出した。日本がこんなに予想以上にあっさりと勝つ試合を久しぶりに見た気がするし、簡単に勝ってしまうと物足りなくも感じる(笑)

簡単にパスを回し、詰まれば逆サイド。無理せず縦へ蹴るなどシンプルな戦い方だけれど、ここぞというタイミングで選手たちの狙いがしっかりとシンクロしていた。

こういう戦いを続ければW杯に行くことはそう難しい作業ではないだろうなと感じた。ただこれで本戦勝てるかは別問題だが。
posted by はなちゃん at 22:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

日本vsコートジボアール

1−0 (日:玉田)

中1日の、2軍相手に1点差の勝利。選手それぞれのモチベーションの高さは感じたけれど、チームとして後半はほとんど形も作れなかった。1点目の形は綺麗だったし、前半はいい連携も見えた。

あと今ちゃんと長友が先発出場!!

今ちゃんはパスミスも多かったけれど、ゴールのアシストのアシスト!

長友はいつも見ている東京の試合からすると、ちょっと物足りないけれど、豊富な運動量でアピール。

ダービーに2人が出られないのは残念だけれど、しっかり試合に出てくれたから良しとしよう!!
posted by はなちゃん at 21:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

川崎フロンターレvs浦和レッズ(第12節)

0−1 (浦:エジミウソン)

テレビでリプレーを見られる状態だから、あれはPKではないし、リプレーなんか見なくても、オフサイドはなかった。

正直、いつも俺が見る川崎vs浦和は審判に左右されて川崎が不利を被っている。そして今回も…

ちょっとこれほど続くのは何かの力の存在をドンドン疑ってしまう。前から「見えない力」を疑っているけど、これほど毎回じゃね。ほぼ黒だよね。

しかし、PKは勢い、後ろからのタックルも含めて妥当かと。川崎のオフサイドはどんな角度で見たんだろう?テレビでは、スローや一時停止で見たけれど、まったくわからなかった。

浦和の守備の堅さは審判うんぬんを抜きにして、評価されるべき。攻撃はカウンターと個人技頼み。って結局、監督変わったけれど、去年とやっているサッカーは全然変わっていないように見えた。結果が出ているか、出ていないかだけで。

エンゲルスの人柄は良さそうだけれど、監督としての浦和サポの評価が気になる。今日の試合では良さはまったくわからなかった。

川崎は…浦和戦はもー諦めたら?って言いたくなってしまう。かわいそうな試合。引き分けが妥当だった気がする。
posted by はなちゃん at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

浦和vs大宮(第7節)

0−0

両チームとも、ゴール前の攻防がほとんどなく、あまりおもしろくない試合だった。ダービーらしい手堅い試合。

それでも今年の大宮は噂通りとてもいいチームだった。浦和相手にポゼッションで負けない(むしろ勝っていた印象がある)し、一人がかわされても、裏に蹴られても、しっかりとフォローしていた。

順調にいけば、降格争いには今年は加わらないだろうし、賞金争いぐらいには食い込んできそう。

浦和は最近連勝していたが、正直去年のつまらない内容のないサッカーを今日は変わらなかった。違うのはワシントンとポンテがないこと。2人がいたら、きっと今日も勝っていただろう。選手次第のサッカーを相変わらずしていた。

中盤でボールが回せない、FWにボールがおさまらない。だから、サイドもいいポジションが取れずに、後手後手にまわっていた。

ただDFはトゥーリオがいなくても、相変わらず堅いので大崩れはせずに、カウンターで勝ち点を稼いで、ポンテが戻ってきてから調子を上げていくのかなと感じた。

俺は見ていて、強気に攻め続ける大宮となんとか守る浦和という感じがした。だから、下の

ゲルトエンゲルス監督(浦和)記者会見コメント

には違和感がある。カウンターを仕掛けたのは浦和で、大宮は組み立てた攻撃をしていた気がする。負け惜しみならいいだろうが…
posted by はなちゃん at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

浦和vs名古屋(第2節)

0−2 (名:ヨンセン、小川)

内容も結果も名古屋の完勝だった。今年の名古屋はやるかも。

サイドバックがガンガン追い越すので、サイドで優位に立てる。1点目のヨンセンのゴールはまさにその形。しかも、毎回しっかりと労を惜しまずに繰り返すのが驚異的。

中盤も技術ある選手たちが落ち着いてパスを回し、浦和の中盤を圧倒。ヨンセンが引いてきたり、動き出した玉田にぴったり通したり、連携も悪くない。

ピクシー、やるな〜。


一方浦和のサッカーはひどい。一時期のレアルマドリーみたい。

選手は超一流。サポも日本一の数。でも、戦術?サッカー?は最低。象徴的だったのが、後半30分あたりに、永井がボールをもらうが、誰も動かないのでパスコースがなくて永井がイライラを露わに。そして横パス。でも、横パス出したあとの永井もダラダラ前線へ…

試合を通してチームのために走ったり、顔を出したり、おとりになる選手が少なすぎる。今日がんばっていたのは細貝と相馬ぐらいでは。だから、ボールも回らないし、中盤でも優位に立てない。セカンドボールも拾えない。

去年から戦術がなく、個人個人ががんばって勝っているチームという印象があったが、今年は悪い意味でその個人サッカーに磨きがかかった感じ。でも、エジミウソン・高原はワシントンレベルにはなれていないし、山田はポンテにはなれていない。

あとは何と言っても都築のパスミス?アシスト?にはびっくりして楽しめたけど。一生に何度も見れないプレー。集中力の欠如以外の何物でもないでしょ、あんなプレー。

きっと今のままでもエジミウソンや高原の調子が上がってくれば、そこそこは勝てるだろう。でも、せっかくのスター軍団なのだからもっとワクワクするサッカーを見せてほしいと他サポだけど思ってしまう。

そんなレッズを倒すのがカ・イ・カ・ンだから。
posted by はなちゃん at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

川崎フロンターレvs緑

1−1 (川:森 緑:ディエゴ)

川崎の3トップがどうなのか気になったし、土肥ちゃんが気になったので観戦。

土肥ちゃん、ピンクはないな〜。でも、土肥ちゃんがゴールを守っているせいで、シュート打たれるたびに、緑なのも忘れて、あぶね〜とか言ってしまった。危ない、危ない。

川崎はよくわからない。この試合は緑に押し込まれて3バックではなく、森・山岸までも吸収されて5バックになっていた。そして谷口、中村がDFラインの前にいて、中盤がぽっかり空いていた。

3トップにボールが入れば、シュートまでいけるのはさすが。でも、中盤がぽっかり空いているから、厚みのある攻撃にはならない。流れがよければすごいだろうが、優勝を狙うほどの安定感はない気がする。たまに7点とかすげーとるけど、不発の時は不発みたいな。

フッキがパスしなさ過ぎで、俺なら動く気なくなるな(笑)
posted by はなちゃん at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

鹿島vs広島(ゼロックススーパーカップ)

sarukozou-2008-03-01T23_25_49-1.jpg

2−2 3PK4 (鹿:本山、野沢 広:久保、佐藤)

この試合のレビューは俺の妄想です。悪しからず。

「今年もイクよ? イッちゃうよ?」by家本

「J1王者? まぁまぁ強かったけど、最後は力の差が出たね。俺、最強」by家本

家本は試合を流れて見ようとせずに、ただ目前のファールを見てちょっとでもイエロー規定にひっかかったら、前にイエローを出してたとか試合が壊れるとかいうことをちっとも考えずにカードを出してるぽいよな…

俗に言う、枝葉を見て木を見ずってやつ??

まぁ後半なんかはそれどころじゃないぐらい家本がイッちゃって、当事者じゃない俺としては大爆笑しながら見れた(笑)当事者はたまらないよな。同情します。

ただせっかく数的有利になって流れがきていたのに、必要ないレッドで退場した李漢宰は猛反省した方がいい。残りのイエローは同情しかないが、李漢宰はバカな退場だった。チームのプランをぶち壊した。

本山、寿人のゴールは美しかった。さすが昨年の天皇杯1位、2位。

そんな最初からボロボロの試合も鹿島サポの乱入でもっと最低の試合に。つーか、乱入してなんもしないなら最初から入ってくんなよ…いや、どんな理由があっても入っちゃいけないものはいけないんだけど。他のサポにも、自分のチームにも迷惑だから。審判が最低なのはわかるけれど、家本は試合を壊して、鹿島サポはスポーツを壊した。

しかも聖地国立のピッチに…

スカジャンで…

そしてPKはあとから映像で見るとソガハタ動いちゃっている気もするな〜

ということで、この試合は鹿島の仕上がりを偵察…と思っていたが、わかったのは今年も家本がヤバいということだけ。

となると昨日の報道されたルールが非常に重要なルールに思えてきたぞ。

Jで順位決定に反則ポイント導入

とりあえず家本が主審できない京都サンガが有利じゃないか!(イエモッツは元京都サンガ職員のため)

それでも

鬼武健二チェアマンは「審判は反省しているはず。リーグ開幕までに準備をやり直してほしい。こういう試合でJ2が優勝したのは、いいことではない」と話した。

こういうことを言うチェアマンは終わってる。だったらJ2のチームは出さないでくれ。退場者まで出て開幕苦しくなったのは鹿島だけじゃないし、日本のサッカーを支えているのはJ1じゃない。

それともマスゴミのねつ造?
posted by はなちゃん at 16:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

日本vs中国(東アジア選手権)

1−0 (日:山瀬)

ブーイング禁止などの前代未聞の統制。さすが中国。スポーツというものを分かっていない気がした。

相手にはプレッシャーをかけて当然。そして自分たちのチームを鼓舞することも当然。同じく不甲斐ないチームに熱くなるもの然り。

プレーも東アジアの中では勝る体格のよさを生かして激しくプレーするだけで、技術は先日戦ったタイの方が優れていたかもしれない。

当然、試合が進むごとにピッチ上も、スタンドも仮面が剥がれていく。

一流を自負して体裁を整えるのもいいかもしれないが、もっと基本的なところから考えを改めた方がいいのではないかと、他国ながら心配になってしまった。国家としても、サッカーの1チームとしても。

逆に日本はおとなしすぎて物足りない。鈴木啓太も腰が引けてて中途半端なやり返しだし(笑)そのあとのセンターサークル付近で、後ろから蹴ったやつのほうがよかったぞ!華麗なサッカーを目指すのはいい。

ただ時にはもっと熱さを見せてほしい。冷静さと熱さを同時に表現できるようなチームになれれば…
posted by はなちゃん at 21:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。