2008年12月31日

vs柏レイソル(天皇杯準決勝)

081229_150218.JPG


1−2 (東:鈴木 柏:フランサ、李)

試合終了の笛が鳴り響いたとき、結果を受け入れられなかった。

まだだろ?まだ終わりじゃないだろ?と本気で思った。

正直、まだ気持ちの整理がつかない。

ただ今年はいろいろ可能性を感じるシーズンでした。

今回の天皇杯は終わりではなく、来季への始まりなんだと思って年を越し、ストーブリーグ、キャンプ、PSMと楽しみたいと思います。よいお年を!
posted by はなちゃん at 19:45| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

青赤大作戦

081228_215150.JPG


小平に行けない分、自宅で青赤大作戦!

息子(1歳3か月)がゲーフラに書いてくれました。

書くまでに油性ペンでお互い真黒だ〜!

絨毯まで…

でも、息子の分も父ちゃんはやるよ!!

明日行けない方々。元旦、国立で会いましょう!

カツカレーも食べたし、青赤大作戦プチもしたし…やり残したことはないか?

あとは戦うのみ。
posted by はなちゃん at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

vs清水エスパルス(天皇杯準々決勝)

081220_225630.JPG


2−1 (東:赤嶺×2 清:高木)

前半はバタバタして、崩されていないけれど守備での1対1でやられることが多くてヒヤヒヤ。

東京らしく気合が入りすぎると雑になる感じが見え隠れ…

ただちょっとラッキーなPKで1点を返すと、イケイケで即効逆転しているのも東京らしい。

羽生さんの動きだしと梶山あたりのパス出しがあっていたところに可能性を感じた。

達也の動きの鋭さは昔のナオみたい。自分で行ってシュートを外すとこ、モモカン食らうところまでそっくり(笑)赤嶺へのアシストはトラップだと思う(笑)

それにしてもなぜ高木はPKのあと東京のゴール裏を挑発したのだろう?高木が勝手にOGしてくれたことはあったけれど…

いい東京も悪い東京もあったけれど、清水の中盤でミスが多かったし、危険な香りのしていた原がいなくなったし、セカンドボールも拾えていたし、5戦目で今シーズン初勝利!

東京ガス時代の77回大会以来のベスト4!今回は88回。ゾロ目に強い東京!?

ここまで来たらあると思います!!
posted by はなちゃん at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

vsジェフ千葉(第34節)

DSC01717.JPG

2−4 (東:カボレ、長友 千:新居、レイナウド、谷澤×2)

新しい監督、選手たちで臨んだ1年目。結果だけ見れば上出来な1年だった。観戦していて、楽しいシーズンだった。可能性も感じた。

ただ夢を語る権利は得たが、夢を実現する力は今はまだないのだろう。

ただまだACLへの道は閉ざされていない。天皇杯に勝つのみ。より分かりやすくなった目標に向けて進んで行こう。


今日はチケットを薫(「薫のサッカー日記」もよろしく(笑))がとってくれていたのに、前節の息子に続いて奥さんまでダウンしてしまったので無念のテレビ観戦。

正直、スタジアムの異常な雰囲気も伝わってきたし、千葉の選手も気持ちが入っていた。それでも、本当に強いチームだったら2点を先制して負けなかっただろう。

だが、倒れこむほど走り切った千葉の選手。一方、東京は…

PKをとったレイナウドにかけよる千葉。一人ぼっちの今野…

勝って泣いている千葉の選手、サポーター。負けた東京は…。

残留とACLにかける気持ちで優っていたのは完全に残留にかける思いだった。

そして、自分も「勝ったら千葉落っこちるんだよな〜。」とか「緑が降格でも…」という考えが心のどこかにずっとあった。

千葉が降格争いで苦しんでいるのも、東京がACLのチャンスを残しているのも、この試合だけでなく1年の積み重ね。なのに、この試合の結果ですべてが決まるみたいに、そういうことを考えてしまう自分の甘さ。

猛省したい。

今日の経験を天皇杯・そして来季に生かしていって、来期も右肩上がりの1年に。

天皇杯もありますが、とりあえず1年間お疲れ様でした!!
posted by はなちゃん at 00:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

vsアルビレックス新潟(第33節)

081130_225644.JPG


1−0 (東:赤嶺)

ボールは支配するけれど、ミスが多くピンチを招く。

ただそこには塩田がいる!今年の東京は何度このパターンで勝利をつかんだだろう。頼もしい。最近の「みんなで選ぼうMOT」は毎回、塩田に投票している気がするし。

チャンスは少なかったし、短い時間だったがしっかりと結果を残した赤嶺はさすが。もう基本的にエース赤嶺ってことでOKじゃない!?コメントもかっこいい。

「赤嶺選手がゴールを決めた試合は無敗ですが?」
「逆を言えばチームが負けてしまった時は点を取れていない。そういうときも点をとりたい」

新潟も気持ちが入って激しくきていた。そんな相手にガチで引かずに勝ちきれるようになったのも今年の成長。そして厳しいが、まだ3位以内に望みをつないだ!行くぞ、最終節!!

なんて言いながら今日は息子が急に39℃の発熱でホーム最終戦欠席…最終節こそ現地でバモバモするぞ!
posted by はなちゃん at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

vsヴィッセル神戸(第32節)

081123_231306.JPG


1−1 (東:カボレ 神:田中)

ミスが多く、流れをまったくつかめないまま終わってしまった感のある試合。前もこういうことを書いた気がするけれど、優勝を意識できる位置にきて、はっきりと力が入りすぎているのが見ていてわかった。

ここなんだよな〜。

神戸のサッカーもよかったけれど、東京らしさが出せずに終わったのがもったいない。

今までの東京なら1点返した時点で2点目いけると思った。試合を通して中盤でのボールロストが多すぎたのがもったいない。でも、今までの東京ならロスタイムに失点していたな(笑)守備陣はよく踏ん張った。

そして見ていてぐったりするほど気迫の伝わってくる熱い試合だった。

こういう経験が残り3試合という状況でできているところに価値がある。成長していくチームというのはこういう中でもがいて勝っていくのだろう。

だからこそ、残りの2試合もこういう緊張感のある状況で戦わせてあげたい。首位とは勝ち点差5。可能性は低いがゼロではない。まだまだアゲアゲ♂で。

最後はみんなで笑って終われるように。そして天皇杯、来年につながるように。


気になったのはユルネバが響き渡り、解説者もすごいですね〜って感じで試合開始直前のゴール裏が大写しになった時。

ゴール裏の中心的存在の人たちがワンセグでテレビ見て笑顔でおしゃべり…周りは気持ちを込めてユルネバなのに、そこだけ異空間のようでした。

残り2節。サポも気持ちを一つにして熱いところは熱く、緩いところは緩く、東京らしく戦いたいですね。
posted by はなちゃん at 23:39| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

vsアルビレックス新潟(天皇杯5回戦)

081115_225546.JPG


3−2 (東:エメルソン、赤嶺、梶山 新:マルシオリシャルデス、千葉)

2点リードされた時はまたか…と思ったけれど、天皇杯で初のJ1チームを破っての準々決勝進出!!

さぁ元旦の予定を今から調整しなければ(笑)

FWは前回の平山といい、今回の赤嶺といい、結果でアピールしていていい感じ。ともに結果を出して、緊張感をもって切磋琢磨できるいい環境になっている。

モニ・ナオがそろって負傷したのが心配(こんなとこまで仲良くしなくても…)ですが、まずはリーグ戦のあと3節を全力で戦え抜けることを願っています。

それにしても某会長曰く「日本でいちばん権威のある」はずの天皇杯のテレビ中継が全然ないし、代表勢がいなくて「最強メンバー」が組めないのは困ったもんだ。

制裁を加える前に日程や代表、テレビ中継をなんとかして、天皇杯を一番の大会にしたらいかがかしら?リーグ戦よりもどのチームも軽視しているから主力を温存するし、外国人は国に帰っちゃうのだから。

次節相手の神戸がJ2鳥栖相手に2−5で敗れているのが、逆に不気味です…
posted by はなちゃん at 23:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

vsガンバ大阪(第31節)

081109_141705.JPG081109_142037.JPG081109_142413.JPG


3−1 (東:カボレ、石川、平山 大:ルーカス)

東京のことを強いと思った試合。

うまさでは圧倒的にガンバが優っていた。試合も多くの時間ガンバが試合していた。しかし、東京がチャンスをことごとく逃さずにガンバ相手に3−1の勝利。

肉を切らせて骨を断つことができた。

Moving Footballにはまだまだ。ただポゼッションされても慌てずに、しっかり受ければ勝機が来る!ということを信じて、チームとしてブレずに戦えていた印象がある。

監督のゲームプラン、守備、攻撃を信じて戦えた強み。こういう姿勢で戦えるチームは強い。

ACLも優勝も当然まだ何にも得ていない。ただそれと同等か、それ以上に価値のある「自分たちを信じる力」を東京は得てきているように感じた。

結果を残すことで本物の力にしたい。あと3戦。突き進もう。
posted by はなちゃん at 18:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

vsベガルタ仙台(天皇杯4回戦)

081103_215031.JPG


2−1 (東:平山×2 仙:中原)

正直、リーグ終盤の微妙な時期に行われる天皇杯の初戦。

いろいろ難しい、微妙な試合にいつもなる。

今年も同じ。

でも、そういう試合でやっちゃうのが平山!!って感じ。

鹿島に勝った後でこういうまったりな?天皇杯を挟めたことは東京にとってはすごく良かった気がする。

頭でわかっていてもなかなかできない、「勝って兜の緒を締めろ」

こういう微妙とはいえ公式戦で苦戦したことで、気持ちも引き締まることに期待しています。
posted by はなちゃん at 21:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

vs鹿島アントラーズ(第30節)

081026_155631.JPG


3−2 (東:カボレ、長友、大竹 鹿:興梠、田代)

なんかすごくいい試合って感想が書きにくい(笑)

どんな言葉を並べても陳腐になってしまうし、なんか嘘くさくなってしまう。

今の東京をスタジアムで見てくれ。見れば分かる。

考えるな、感じろ状態でごまかします。

そして色気を出さず、ただひたむきに、損得勘定抜きで応援しきりたいと思います。この盛り上がりを楽しんで突っ走れば、結果は後からついてくる。今こそイケイケ団!?

アウェーでチンチンにされた鹿島相手に、変に策を練って勝ちを狙うのではなく、ガチンコで勝てたこと。きっとこれからに生きると思います。

とりあえず伊野波?イノナミ?選手は東京にいた時よりも、東京の勝利に貢献してくれて、いいヤツだな。それにしても彼へのブーイングは中払に匹敵するレベルだった(笑)
posted by はなちゃん at 21:47| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

vs大分トリニータ(第29節)

0−1 (大分:鈴木)

トーナメント気分で臨むと意気込んでいた試合。結果がすべてなので、内容うんぬんの前に負けてしまったということは、東京がまだまだということだろう。

しかし、それだけ気持ちがこもっていた大切な試合、いくら田舎とは言え、田んぼではなくサッカーコートで戦わせてあげたかった。そしてまともな審判で上位にチャレンジさせてあげたかった。

抗議を諦め離れていく赤嶺に付きまとい、散々挑発して、結果イエローを出す家本。戦慄を覚えた。ジャッジがウマイ・ヘタ、公平・不公平以前の問題が家本にはあるよ、マジ。

中盤の構成、動きの質、ボールを扱う技術、どれをとってもまだまだ成長する必要があるし、それでもこの位置にいる東京を、今年、来年と見守れる幸せを感じながら、あきらめず優勝、ACL、賞金圏を目指してスタジアムでバモバモするしかない!!
posted by はなちゃん at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

vs清水エスパルス(第28節)

1−5 (東:エメルソン 清:山本、岩下、原、岡崎、戸田)

ここ6戦の結果。5勝1敗。

シーズンの28節にもなって1試合1試合で一喜一憂する必要もないし、下を向く必要もない。

ただやっているサッカーが最近よくなかったし、振り返るいいきっかけになったはず。もっともっとポゼッションを高めて、ムービングフットボールを目指すべきなんだと。

優勝争いに食い込んでいくために「闘争心を出して」「自分がやってやる」という気持ちの選手は多かった気がするが、全体的に空回り気味だった。そういう面も「経験不足」なのだろう。

「連勝をとぎれさせないように」というプレッシャー。

「優勝のためには負けられない」というプレッシャー。

これもまた経験。終盤にきて、まだそんなことを感じながら東京を応援できるのは本当に久しぶりだから、幸せなことじゃないか!

と、熱く、偉そうに語ったのですが、今日は息子と初めて味スタに行って、スタンドにいたのは試合開始直前の5分ぐらいでした(笑)

ただ前半はコンコースあたりで歩きながら遊んでいて、聞こえてくるのは清水の歓声ばかり。

心なしか、帰り道の息子の顔も「次はやってやろうぜ、今ちゃん!」と語っているようにも見えた。

DSC00403.JPG

個人的な印象だけれど、東京と清水の対戦ってそのときのチームの状況・やっているサッカーとかに関係なく勝てる年と負ける年がはっきりしている気がする…去年は勝つ年、今年は負ける年…
posted by はなちゃん at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

vsコンサドーレ札幌(第27節)

080928_231104.JPG


2−1 (東:赤嶺、大竹 札:池内)

点を取れる気がしない展開。札幌の気迫に押され、上位に食らいついていくために負けられないというプレッシャーにも抑え込まれた感じがする。

紙一重の、薄氷を踏むが如き勝利。

ただ今まで何度も見てきた完全に負ける展開になってしまった試合を勝って終われたのだから今の東京は強い。

5連勝もすばらしいが、それぞれの試合で違う勝ち方ができていることがさらにすっばらしい。

攻めて攻めて1点を奪い取って勝った試合もあり、セットプレーで勝った試合もあり、10人で先制点を守り切った試合もあり、大勝あり、今日みたいに少ないチャンスをものにしての逆転勝利あり。

上位を追いかける中で、東京の戦い方に深みが出てきている気がする。まだまだ「強さ」という点では物足りないけれど、いろいろなパターンで勝負に持ち込めるのは選手たちの自信にも経験にもなっているだろう。

首位との勝ち点差4。残り7節。この勢いが途切れなければいける。

勢いが途切れたときはどう立て直すかがカギ。そういうときに羽生さんがいないのは困るので軽症であってほしい。

それにしても大竹はかわいい顔して、相手にとっては悪魔のように恐ろしい奴だ。
posted by はなちゃん at 23:10| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

vsジュビロ磐田(第26節)

080927_013058.JPG


5−1 (東:カボレ、佐原、OG、ナオ、鈴木 磐:前田)

ジュビロにこんなに圧勝できる日がくるとは…

勢いに乗って挑んで跳ね返され続けてきたイメージがあるだけに喜びも一塩。

清水や高原にハットトリックされたり苦い思い出が多い。

そのジュビロがこれだけ苦しんでいることはちょっとさみしくもあるが、そんなことより東京が徐々に上がってきたことがうれしい。

そしてモニ・ナオが生き生きとピッチで躍動していることが嬉しくて、嬉しくて。他の選手も素晴らしいからこの結果が残せているのは重々承知だけれど、モニ・ナオは個人的に特別だから今の活躍に感動してしまう。

最後の8節。上位にどこまでくらいついていけるか。ただサッカー自体が勝てない時期より、悪くなっている気がするのが気になるところです。
posted by はなちゃん at 01:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

vs川崎フロンターレ(第25節)

080923_224503.JPG


1−0 (東:赤嶺)

本当に苦しい試合だった。

ただすごく気持ちは伝わってきた。がむしゃらに走り回るだけが気持ちを表す方法ではないのだ。

そして見ている人の心を動かす、ムービングさせるのはパス回しをしてゴールに向かうことだけではないと思った。

いつもこんな試合じゃ心臓に悪いし、おもしろくないだろうけど(笑)

ただこういう試合も拾っていけるのが上位に食らいついていくために必要だったから、今回勝ちきれたことは、大きな自信になるだろう。

なんて試合中はまったく何も考えられないぐらい集中して、東京の勝利だけを祈っていたのだけれど(笑)そういう時間をもていられるのも東京サポだから。

東京サポでよかった〜!!
posted by はなちゃん at 22:53| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

vs大宮アルディージャ(第24節)

080914_223350.JPG


3−1 (東:赤嶺×2、大竹 大:ラフリッチ)

大竹のFKで試合は決まった。と思ったけれど、3点目が入るまでは「大宮相手に1点差…引き分けるパターンだ…」と内心、怖くて怖くてしかたなかった。

ナオが本当にキュンキュン。周りがしっかりと生きている状況なら新潟戦からこれぐらいやれるのは分かっていたけれど!

鈴木達也も東京デビューして、大竹も復活して、ナオもキュンキュンで後半選手交代しても継続して戦えるようになったのは大きい!!

今まではエメやカボレがどんなに悪くても、羽生がバテても選手交代すると途端にサッカーができなくなり、怖さがなくなることが多かったから。

徳永の守備の軽さ、マークの緩さは気になったが、勝ててよかった〜!羽生さんは大丈夫か!?
posted by はなちゃん at 22:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

vs柏レイソル(第23節)

080828_205632.JPG


1−0 (東:赤嶺)

雨でびしょびしょのピッチで泥仕合になるかと思っていたけれど…

グダグダになったのは、湿度で湿った写メだけでした。

劣悪なピッチコンディションにもかかわらず、ある程度しっかりとボールを回すことができた東京。技術がどんどん高まってきていることをしっかりと証明した形になった。

そしてやはり今までと試合展開、内容、志向しているサッカーは変わらないしっかりと地に足がついた試合を進めた。そしてここ数試合と違うのは結果も出せたこと。

結果だけでなく、苦手な柏で勝てたのは自信や勢いをつけるには大きい。これでまた落ち着いて、城福東京の目指すサッカーに向けて進んでいけるはず。

柏はモニがフランサをしっかりと押さえて、藤山&長友のサイドも攻撃をせずスペースを消していたためか、まったく迫力がなかった。あれほどやられて、去年なんかは東京が手も足も出なかったのに、どうしたのだろう。

モニ、いいよ〜。スピードも厳しいチェックも戻ってきてる。今日の勝利の半分はモニでできています。

いろいろと言っていた人も、これからはモニを信じてくれるかな?
posted by はなちゃん at 22:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

vsヴェルディ(第22節)

1−2 (東:カボレ ヴ:大黒、那須)

日テレなのに服のみならず、頭のリボンまで青赤な馬場アナ!癒しのば馬場ちゃん、あると思います!

悔しすぎるので、みなさんも癒されてください。アナウンサーの中で一番好きです。顔が。

080823_141147.JPG080823_142343.JPG080823_144341.JPG


あぁ〜癒された(泣)ということで簡単に感想。

内容は悪くないし、それほど東京、城福監督の目指すものがブレているとは思わない。だからこそ勝てない、2点目がとれないことは大きな問題なのかもしれないけれど。

まぁ勝てていないし、批判する人がいて当然だと思うけれど、前半はあれだけ持ち上げられて、後半勝てなくなると見放されて大変だよね…やっているサッカーや方向性はブレていないし、それほど内容は変わっていないのに。

でも、それぐらいダービーって俺らサポにとっては大切な、絶対に負けてはいけない、いや、勝たなくてはいけない試合ってことの裏返しでもある気はする。ダービーだけは内容よりも結果なんだよ。

ウダウダ言っても仕方ないけど、すっきり切り替えられない悔しさだ。

で、結局馬場アナの画像に癒されに戻る(笑)あとモニの復活ぶりが日に日に見れて幸せだよ、それだけ。
posted by はなちゃん at 23:41| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

vs浦和リッツ(第21節)

080816_133418.JPG


0−1 (浦:相馬)

夏だな〜。

今日は東京も夏休みか…

結果は負けだし、浦和の方が単純に強かった。

でも、あのサッカーの質だけは認められない。何度負けたとしても。

浦和との試合は勝ち負け抜きでいつもつまらない。勝ち方を知っているという点では東京をはるかに勝っているのは事実だけれど、コロコロ倒れて時間稼ぎばかりで、何がおもしろいのか分からない。サッカーとすら言いたくない。

ただ、今日の東京のサッカーは何もない見るもののないひどいものだった。選手起用も交代も全体的に狙いはわかるのだけれど、ムービング・フットボールをするために必要なことをもっと整理していかないと、右肩上がりになんかならない気がする。結果はある程度出るかもしれないけれど…

残り13節。しっかりと一歩一歩でも歩んでくれることを祈りながら、応援していきます。

あとすでに東京とは関係のないアマの顔に×をつけたゲーフラを掲げる浦和サポのセンスと、人権意識の欠如にもゲンナリだった。
posted by はなちゃん at 23:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

vs名古屋グランパス(第20節)

080813_175236.JPG


1−0 (東:平山)

苦しんだ結果の勝ち点3。試合も支配できなかったし、パスも回らなかった。

でも、暑さに負けない気持ちと動きを見せてくれた。

全体的にもやることが整理されてきたのか、バランスがよかったし、また徐々に右肩上がりになっていく兆しが見えた。気がする(笑)

上位がみごとに足踏みしたし、浦和に勝てば勝ち点差は1になる!?

土曜は勝つしかない!勝ってくれ!

つーか、本音は再来週の緑戦こそ絶対勝ってくれ!


posted by はなちゃん at 22:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。