2007年07月08日

vs横浜Fマリノス(ナビスコ準々決勝)

070708_200228.JPG
1−0 (東:鈴木)

どんな展開、どんな相手、どんなピッチ、どんな場面でも左足を振り抜けば何かが起こる。何年か前に夢のように語っていたことが現実になってきた。自分の形をつかんだ感じがする。

モニもちょっと危なかったけど、セーフティーな対応や、どっしりチェックにいくなどらしさを見せてくれた。そして浅利は今ちゃんかと見間違えるほどのプレー。DFもそしてボレーも輝いていた。

ハーフタイムの練習でゴール裏にボールを蹴りこんだ長友。まるで清水戦のモニみたいだった。性格的にも東京向きじゃない!?長友、東京!!

まぁ全体としてはリーグのときと同様にマリノスに中盤を支配された。マルケス入ってからなどは完全にいつやられてもおかしくないような状況だったけれど、しのぎきれたのは不思議。マリノスのシュートが少なかった気がするけど、それだけ東京DF陣がしっかりマークについていたのだろう。

ただやはり中盤のメンツを見たときに、もっと東京が支配して試合を進められるようになってほしい。そういう意味でマリノスのほうが魅力があるサッカーはしていた。東京戦2連敗中だけど(苦笑)

正直、今日のMIPは松尾で決まり!?


posted by はなちゃん at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

vs鹿島アントラーズ(第18節)

07-06-30_16-36~00.jpg
2−1 (東:ルーカス、鈴木 鹿:マルキーニョス)

アウェー鹿島でリーグ戦初勝利!!

まさかって感じ!?鬼門の鹿島で、しかもこのタイミングで勝つとは。ホントつくづく東京ってよくわからないチームだ(笑)

試合自体は完全に鹿島にいつやられてもおかしくない展開。そしていつものようにDFが押し込まれてしまう。ただ押し込まれるしマークがズレズレになるのは相変わらず…でも、ボールには一人一人が必死にいくなど気持ちを見せて戦っていた。

前線は中断期間に期待しましょう。ただあの鹿島相手にセットプレー2本で2点も取れたのは素晴らしい。連携やボールを支配するには後半みたいに福西がしっかりからめるといいね。

ルーカスの笑顔、ノリオの連続ゴール、梶山の運動量、土肥ちゃんの気迫のセーブ…ホント頼もしい。リチェはまだ19歳だからまぁいいさ。

今ちゃんの涙などちょっといろいろ考えてしまうこともあったけれど、ひとまず中断前を勝利で終われてよかった。
posted by はなちゃん at 20:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

vsガンバ大阪(第17節)

070616_104610.JPG
2−6 (東:福西、鈴木 ガ:二川、橋本、マグノ×2、播戸×2)

夢を見られただけでも幸せなのかもしれない。たとえ50分にも満たない儚い夢でも。

なんだかんだ言っても、東京にそれだけ期待してるだよな。土曜の夜にみんなで集まり、得点に歓喜し、失点に絶望し。

俺にできることは祈ることと、声を送るだけ。それがいつか選手に、FC東京に伝わる、って夢を見ていることだけで幸せなのかもしれない。

今年も短冊に願いを込めて。

下位に勝って、上位に負ける。やっぱりこれが今の実力なのだろう。悔しいけれど。

まぁこれでモニがスムーズに戻ってこれるな。楽しみだ。
posted by はなちゃん at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

vsヴァンフォーレ甲府(第16節)

2−1 (東:鈴木、ルーカス 甲:茂原)

平日の19時からサッカーを、東京を見られる幸せ。いつもだったら当然のように仕事中なのに。

今日の試合、後半、カウンターからすごくスピーディーかつダイナミックないい展開を4本ぐらい見られた。信男さんは惜しくもシュートが打てなかったし、リチェーリ、ノリオもダメだった。そして、福西はゴールにつながった。

今日のように先制ができるとあーいう展開ができる。スペースさえできれば東京はかなり強いのかもしれない。

そして中盤では梶山と伊野波が超ハードワークで戦っていた。もっと伊野波のサイドチェンジのうまさを生かせば、ワイドな攻撃ができそうだな〜と思った。あとは赤嶺が見たい。伊野波のサイドチェンジからサイドをえぐってニアにセンタリング。赤嶺がDFの前に飛び込む。こぼれればルーカス。妄想中。

ただ問題になってくるのは、どう先制点を取るか。もっと言えば、どうやって崩すのかが相変わらず見えてこない。現状ではノリオドッカンの頼み!?あとはルーカスの個人技???

今日の甲府戦を見て思ったことは、個人技で劣る相手には優位に戦えるし、セクシーなプレーができる。でも、浦和のように個人技で同等、もしくは勝る相手には後手後手に回ってしまう。今日の後半のようにセクシーなサッカーが常に見られる東京であってほしい。中断期間での構築に期待。まだ期待してもいいよ…ね!?

そういや今日は久しぶりにゴール真裏付近に行ったけれど、何年か前、味スタの椅子に乗る人がいて、あれだけの問題になったのに今では(今でも?)当然のように椅子に乗って応援しているのですね。環境賞もウソのようにゴール真裏は汚いしね…

070620_210118.JPG
posted by はなちゃん at 23:03| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

vs浦和レッズ(第15節)

070617_152449.JPG
0−2 (浦:田中、OG)

マンマークで個人で跳ね返す相手に、バカみたいになんの工夫もなく挑んだ感のある試合だった。
一人一人がなんとかしようとがんばっていたり、動こうとしているのは分かる。1対1の状況ではすごくよく闘っていたし、負けていなかった。

でも、チームとしてどう崩すのかが一向に見えてこない。勝って浮かれ、負けて悔しがるのも悪くない。それはそれで楽しい。でも、あんなサッカーに負けるのは嫌だ。

今は負け惜しみになってしまうけど、浦和なんかのサッカーを嘲笑えるような連動した、あんまり好きな言葉じゃないけど“ポリバレント”なプレーができるチームになってほしい。

それにしても高山はなんでワシントンとポンテの喧嘩の仲裁をして、ワシントンに落ち着けなんて、何度もやっていたのだろう。浦和の監督じゃないんだから。浦和のためにしかならないことを主審がするのっておかしいと思うのだけど…
posted by はなちゃん at 19:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

vs清水エスパルス(第14節)

070610_160450.JPG
3−1 (東:のりお×2、ゆーた 清:兵働)

試合よりもやはり日本平と言ったらパルちゃんショー!!今年は「ビリーズ・ブート・キャンプ」ならぬ「パルーズ・ブート・キャンプ」最高にかわいくて笑わせてもらいました。パルちゃん移籍してこないかな〜。

試合自体は全体としては清水の方がいいパス回しや展開をするのだけれど、勝手にミスをしてくれる場面が多く、支配されずにすんだ感じがあった。

両チームの1点目はどちらもゴラッソ!同じような左サイドからのミドルが逆サイドネットに突き刺さる。ノリオやユータのゴールもそうだけれど、やっぱり少し距離があっても打っていくことがすごく大切だし、必要だと見せ付けてくれた。この調子でドンドン打ってほしい。

梶山は完全に一皮剥けた感じがする。攻撃にも守備にも運動量豊富で、左でも右でもファーストプレスやフォロー、ボールをもらいに行くのは梶山だった。変なミスもほとんどなくすごくいい働きをしていた。

攻撃だけでなく、今ちゃんを中心に守備陣も全体的に良かった中で気になったのが福西の動かなさ。動けなさ。福西がプレスに行かないから伊野波や梶山も上がれずに全体が引いてしまったり、ルーカスと川口が本当に無駄走りになってしまったりする。

技術の高さも、あれだけ動いていないのに「仕事をしている」と思わせる動きの質も認めるが、あの程度しか動けないのならばトップ下ではなく、ボランチでどっしり構えてもらったほうが、ダイナミックな攻撃ができる気がするが…

でも、スタンドで見ていて、チャンスは多くなかった気がしたけれど、おもしろい試合だった。シュート練習でのモニの2階席へのナイスシューには特に笑った。


〜旅行記〜
posted by はなちゃん at 21:44| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

日本vsマレーシア(北京オリンピック2次予選)

070606_211123.JPG


3−1 (日:長友、鈴木、萬代 マ:スブラマニアム)

噂の長友くんを初観戦。スピードがあり、後半までガンガン走るスタミナもあってすごいと思った。噂には聞いていたけれど、実際に見てみると、衝撃的だった。こりゃいい選手だ。

ちょっと中を意識しすぎていたのもアピールのためか、ゴール後は外から切れ込んだり、縦に突破してクロスを上げたり。東京での出場が楽しみ。

試合自体は選手全部変えておいて、連携も連動もないだろう。本当にテストなのかも怪しい試合。スタンドで見ている選手たちも余裕をもって観戦しているし。

今日、スタメンの選手たちもアピールばっかに追われて、自分のよさを発揮するよりも結果をどうにか出そうというところにばかり気がいっているような気がした。タテタテに急ぎすぎているし、裏を一発で狙いすぎだし、サイド(特に左サイド)に散らさないしで、試合としてはつまらなかった。使われた選手も可哀想だった。

ところで菅沼は???
ラベル:Road to 北京
posted by はなちゃん at 21:12| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

vs名古屋グランパス(第13節)

070527_002837.JPG

0−1 (名:ヨンセン)

勢いがあるからってだけで、ホームだからってだけで、選手そろっているってだけで、勝てるならサッカーがこれほど世界で受け入れられていないだろう。

当たりそこね、ミスキックが簡単にネットに吸い込まれたり、素晴らしいシュートが何本もバーやポストに阻まれたり。

サッカーなんて目には見えない何かに委ねられる部分が小さくないと思う。ただその何かを味方につけようと泥臭く芝生の上を這いずり回る選手がもっと見たい。たとえ一般的に有名な選手ではないとしても。

俺たちはまだ何も得ていないのだし、失ってもいないのだから。
posted by はなちゃん at 02:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

vs横浜FC(ナビスコ第6節)

070523_205710.JPG
2−1 (東:赤嶺×2 横:アドリアーノ)

赤嶺の魂のこもった2ゴール。

ベンチ外にまでなった苦しい中で掴んだチャンス。意地の1発なんてちんけな言葉で片付けてはいけないぐらいの苦労と努力の詰まった2ゴール。

ただそんな状況でもモチベーションを保って、結果を出せる選手がいることを誇りに思う。

リズムのあるパス回しも多くて、ちょいセクシーだったけど、もっともっとミドルレンジからシュートも見たい。

ただ棚ぼたとは言え、自分たちが結果を出したからこその棚ぼた。決勝トーナメントまで楽しみがつながったのは優勝した年以来だから3年ぶり???

最後に原さんとスタッフや選手が笑顔で抱き合っていたり、赤嶺がサポと喜んでいたり、やっぱり笑顔な東京が一番だ。
posted by はなちゃん at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

vs横浜Fマリノス(第12節)

070520_175338.JPG
1−0 (東:福西)

流れが厳しいときにでも、こういう試合ができるようになれば強いチームになれると思えた試合。

中盤はとてもいい流れがきている気がする。スタメンに使われた選手はしっかりと走り回り、交代の選手もしっかり結果を出す。

DFも身長では負けていても、しっかり体を張ったり、周りがフォローしたり、最高の連携を見せてくれた。

試合終了後、ゴール裏に来て、何度も小さなガッツポーズを繰り返す今ちゃん。良くない試合でも結果を出し、それを自信と経験にしていければ。

やっぱりスタンドも選手も笑顔っていい!

横浜はずっと流れをもっていたのに、最後の1手がなかった感じ。悪くない試合しているのに。
posted by はなちゃん at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

vsジェフ千葉(第11節)

070512_171849.JPG

4−1 (東:ルーカス、ワンチョペ、リチェーリ、OG 千:佐藤)

選手たちのこういう姿を見るために、夢見てバカみたいにスタジアムに足を運んでしまうのだろう。今日は試合開始直後から負けても拍手で迎えたいと思ったし、熱いものが込み上げてきた。

そして今日はゴール裏も開始前から違っていた。現状は最悪。でも。だからこそ、盛り上げて選手たちと戦おう、戦わせようという気持ちに溢れていた。ゴール裏と選手とベンチとすべてのベクトルが同じ方向に向いていた気がした。サポーターは12番目の選手になれるという甘い幻想を信じたくなる。

暮れなずむ東京の街の中で、緑に輝くピッチで躍動する11人の戦士たちと12人目の選手たち。ステキな夢を見させてもらった。


試合は前線から、そして全体がチームとして激しいプレスをかける。サッカーは90分あるということをみんな忘れているのではないかというぐらいの激しいプレスを前からかけ続ける。そして、奪ってからは一気に攻める。加えて後ろからもドンドン押し上げ、飛び出してくる。

千葉の連動性のあるサッカーをまったくさせないほどプレスをかけ続けるなど、今日は守備面ですばらしい連動を見せてくれた。ルーカスのゴラッソは別として、2点目、3点目は完全に戦術がはまった。チームの狙い通りだっただろう。

ずっとこんな試合を続けるのは辛いかもしれない。でも、今日の信男さん、リチェーリ、ルーカス、梶山の運動量には感動すら覚えた。DF陣も体を張って戦った。そしてヒロミも跳んだ。

加えて、試合の余韻に浸っていたら今ちゃんのインタビューがまだ楽しませてくれた。素敵ですねと言われ「ムフッ」とはにかむ姿。シャーを×を出して断り、すごい速さで戻って行く姿。試合中は頼もしく、なんて愛らしいキャプテンなんだ。

まだ1勝しただけだからサポもあまりはしゃがないでくださいとお灸をすえられた!?けど、今日は許して(笑)

試合前、ゆりかもめのキャラがいたけど、後ろから見たときに「フロンターレのイルカとカブのマスコット」が追い討ちをかけに乗り込んできたのかと思った。
posted by はなちゃん at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

vs横浜FC(ナビスコ第5節)

070509_205657.JPG


0−1 (横:内田)

挨拶のとき顔を上げられない選手たち、罵倒されることを分かっていながら挨拶に走っていく監督を見てふと思う。

今は顔を見せる必要も、挨拶も必要ない。その分、笑顔で会えるときに3倍返ししてくれと。

たまには下を向いて、後ろを向いて、自分たちの足跡を見るのも必要なことだろう。自分たちはちゃんと一歩一歩進んでいるのか。未来へ向かう足跡を残せているのか。

フレッシュな選手を入れたからといって、東京の今までの状況がウソだったなんてなったら、戦術や監督の重要性を語り合う必要なんてないのだろう。そして、東京の良くない点が運動量ではなく、動きの質・連動性なのだから、当然と言えば当然な結果かもしれない。

だから、今日勝てなかったことはよかったのかもしれない。今日圧勝したとしても東京の状況が急に好転するとは思えない。そして、言い方は悪いけど、横浜FCにも勝てなかったのだから何かやり方を変えていかなければならないということが浮き彫りになった。この悪いきっかけを生かしていってほしいな。

そう考えていると、この状況での過密日程がマジで嫌だな。せめて1週間でもチームでコンディションばかりを気にせず、しっかり準備する時間がほしい。

それにしても内田のFKは見事だったな。悔しいけれど、壁に入った東京の選手たちは完全に手のひらで踊らされた…
posted by はなちゃん at 20:59| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

vs川崎フロンターレ(第10節)

2−5 (東:ルーカス、石川 川:大橋×2、黒津、村上、ジュニーニョ)


070506_175616.JPG

俺たちの声は選手に届いているのだろうか。
俺たちの歌は選手に力を与えているのだろうか。
俺たちの歓喜は選手の歓喜なのだろうか。
俺たちのため息は選手の胸に響いているのだろうか。

これからも時間をかけ、お金をかけ、儚い夢を求めてスタジアムに通うだろう。どうか夢が見続けられますように。


試合は…雨で萎れる応援の旗のようにしょぼぼぼ〜ん…もうやだ〜(悲しい顔)

070506_165942.JPG


等々力の1階は平面過ぎて見にくい。

やっぱり気持ちがあるほうにボールは転がるし、ヴィジョンを持ったチームが点を取る。そして、4点も前半で入りゃ、後半は攻撃もできる。

モニが帰ってきて嬉しい。ナオ&ルーカスのゴールもよかった。福西も最後みたいにボランチに入ってどっしり構えていてくれるとボールが落ち着いていいな。チョペさんやっぱり迫力ある。

多摩川クラシコ惨敗だったけど、せっかくのクラシコ。何かのきっかけになれば。俺は選手、監督を信じたい。信じて大丈夫だと願うし、心から信じたいと思っている。信じたいんだよ。
posted by はなちゃん at 21:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

vs鹿島アントラーズ(第9節)

070503_155313.JPG
1−2 (東:ワンチョペ 鹿:中後、増田)

試合後、義務のように挨拶にきた選手たち。その選手たちを迎えながら、ブーイングも拍手もできなかった。そして、座ったままで迎えるか、立って迎えるか…そんなことすらも中途半端になってしまった。

別に毎試合、勝てなくてもいい。失点だって、敗北だって受け入れる。

だから、そんなにこびたサッカーしなくてもいいじゃん。ディフェンス固めて「スコア的にいい試合」なんかしないで、やられることを恐れずガンガン行ってほしい。そのために原さんも戻ってきたんだし。

今日盛り上がったのは目玉のおやじ、ワンチョペゴールぐらい…

それにしてもゲゲゲの鬼太郎デーはいつもダメだな〜。

2004年の柏レイソルもグダグダな1−1。
2005年の柏レイソルも0−0。
2006年のアビスパ福岡は0−1。

そして2007年鹿島は1−2…

相性が悪いイベントふらふら
posted by はなちゃん at 21:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

vsヴィッセル神戸(第8節)

070428_175626.JPG


0−0

太陽賛歌で観戦。とってもいい雰囲気で、俺ら以外の人は団体さんが多くて、わいわいムードで観戦。よし、俺らも「ペーニャ・二人」を結成しよう。

試合自体は特に見どころなく終了…塩田が幻のゴールを演出したところが一番の見どころだったか。

でも、今までは簡単に失点して攻撃するも攻撃の手がなく敗戦…ふらふらだったのが、しっかりと守れるようになってきたのが大きな収穫かもしれない。

ただこれから『楽しく勝っていく』という結果を求める場合、浅利をボランチに守備専のように入れた形では苦しいだろう。誰が入っても押し上げて攻撃に行かないと厚みのある攻撃は見られない気がする。守備は恐ろしく安定しているけど。

攻撃はチョペさんこんなもん!?って感じ。体の強さ、独特のリズム、パスに可能性は感じるんだけど、動き直すということがあまりない。だから、サイドに展開してからのクロスには飛び込んでこない。これない。この調子なら若さで勝る平山を使っていってほしい。むしろ、赤嶺。ゆーすけ???

後半最後のメンバーを前半から見たいと思った今日の神戸戦。次のホームでしっかり勝てれば、アウェーで勝ち点1取れてよかったと思える試合になるのかな。
posted by はなちゃん at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

vs横浜FC(第7節)

07-04-21_16-00.jpg


1−0 (東:今野)

最後の長いインタビューのあとのルーカスの「シャー」手(グー)11番だった東京魂をもったブラジル人を思い出させるような「シャー」手(グー)ただ楽しいだけではなく、気持ちのこもったマジメなブラジル人のシャーがたまらない気持ちにさせてくれた。

試合はまだまだ要所要所で選手同士の連携が合っていなくて(特に福西…)中盤で奪われる場面も多かった。そして、そんな展開に珍しくイライラするナオがいたり…ちょっと心配だけど、徐々にあってきてる気がする。ここからIt’s our time!

ワンチョペは時々思い出したようにやるな〜ってプレーを見せてくれたり、DFですごく追ったシーンもあったんだけど、もっと体を張って戦ってほしい。ロングボールをしっかり収めるなり、後ろにそらすなりができれば、ルーカスももっと生きてくるだろうし、次に期待しましょう。

守備陣は本当に安定している。最初のカズのシュートはびびったけど、それ以外は完璧。浅利がいるから、今ちゃんが安心して攻撃に参加できるし、藤山も恐れずにガンガンインターセプトを狙っていける。カウンターも喰らわずよく守った。

味スタの勝利の女神はとてもかわいらしい女の子たちでしたかわいい
posted by はなちゃん at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

vs大分トリニータ(第6節)

0−0

今日は水曜のジュビロ戦と同じメンバーだけど、前回とはちょっと違いって、少ししっかりと引いて、相手の攻撃をしっかりと受ける守備を中心とした試合運び。ちょっと疲れが見えるから仕方ないし、今のリーグ戦の状況から考えると、まずはしっかりと守備を安定させて、浮上のきっかけをつかむ。そして、最低限の結果が出せた、今日の勝ち点1がそのきっかけになれば…

今日の守備は人数もかけたし、スペースも与えないようにしたし、かなり安定したと思う。急造DFなのに、これぐらい守備が安定しているチームが降格するわけはないと俺は思う。今は連携がダメダメで下のほうにいるけどたらーっ(汗)

攻撃はしっかり引いた分、攻撃までに時間がかかり、相手にも陣形を整える時間を与えてしまった感じがする。そこをこじ開けるカギになりそうだったのがワンチョペ。彼が入って、ルーカスと近い距離を保てているときは、得点の雰囲気があった。

きっと前からガンガンプレスに行きたいときはルーカス、しっかり引いて戦うときはワンチョペ・ルーカスって感じになるのかな???でも、ワンチョペ、だんだん動けるようになってきたな〜。もう少し暖かくなったら完璧???

5月、6月ぐらいにはモニ&ワンチョペがスタメンで戦えるようになってきたらいけそうexclamation&questionわくわくするな〜わーい(嬉しい顔)
posted by はなちゃん at 20:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

vsジュビロ磐田(ナビスコ第4節)

07-04-11_20-58.jpg


2−1 (東:福西、ルーカス 磐:上田)

すごく気持ちが伝わってくる試合。90分華麗に戦うチームはすごいけど、今日のように90分もつのかexclamation&questionというペースで最初から突っ走り、案の定最後の15分で足が止まり始めハラハラ…ドキドキ…そんな東京が大好き。

限界を超えても走ろうとする選手。俺らの声が少しでもその脚を軽くしてあげることができるのなら、あと1歩を出させてあげられるのなら、背中を押してあげられるのなら、どんな天気でも、どんな日でも声を嗄らそう。

そして俺は東京の勝利をすべて現地で観戦できず。はい、完全な負け組みですとも。女よりも、仕事よりも東京exclamation×2といかず…

「平日、東京exclamation×2

今日は前線のルーカス、石川、馬場、栗澤も献身的なプレス、徳永と金沢のサイドでの労を惜しまぬ駆け上がり、浅利と藤山の出足の鋭いチェック…など全員で勝ち取った勝利だった。

勝利の喜びで隠すには溢れすぎている疲労のにじんだ笑顔。本当に選手を誇りに思った。
posted by はなちゃん at 21:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

vsアルビレックス新潟(第5節)

07-04-07_13-25.jpg

1−3(東:OG、新:坂本、リシャルデス、エジミウソン)

のらくろ君も味スタでの悪い流れを変えられず、勝利の女神とはなれず…当然だけど。

試合後、リュックを背負って味スタをあとにしようとした瞬間に寂寥感がわきあがってきた。

見慣れた通路、見慣れた人々と、見慣れた座席の間に一人で立ち、大陽がだんだん光を失い、雨もかすかにだが落ちてくる。何とも言えない寂寥感。

とりあえず審判のひどさもあったけど、それ以上にミスからの失点、無駄なカードなど自滅気味だったのが気になるところ。そして10人からもナオや塩田、ルーカス、チョペなど諦めずに戦う気持ちを見せてくれているから、文句は言わない。ただあれだけ選手が必死に戦おうとしているのに、どうしていいか迷って、悩んでいる姿がナントモ言えない。

前半の伊野波も上がっていいのか、任せて相手をマークするのか悩んでプレーしてドンドンリズムが悪くなっていた気がする。

のびのびプレーできる東京を待ってるぞ、いつまでも。
posted by はなちゃん at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

vs大分トリニータ(ナビスコ第3節)

07-04-04_21-46.jpg


1−0 (東:ルーカス)

久しぶりの勝利exclamationそしてまたアウェイたらーっ(汗)嬉しいような、残念なような(笑)今の東京ならそんなこと言うのは贅沢だな…

今日はルーカスと川口、ノリオの3人を前に置いたために、前線からのプレスもすごくよかったし、しかも無理やりにプレスに行かないので中盤も間延びしなかった手(チョキ)やっぱり前からしっかり追ってコースを限定できると中盤も最終ラインも狙いやすくて前半なんかは完全に東京ペース。ゴールに絡まなくっても今日の3人はよかった。

あとは中盤の運動量、飛び出し、DFでの粘りなどすばらしかったexclamation&question前回の大分戦がウソみたい!!柏戦もウソみたい!!!梶山、今野、栗澤でドンドンプレスに行って、激しく奪って、そこからの飛び出しも多くて、中盤どころか試合を制圧exclamation×2

DFは危ないシーンがあったことは反省して、あとはがんばったexclamation×2ジョーも伊野波も上がりも思い切りがよかったし、藤山、徳永のDFは出足がすばらしくてチャンスの芽を摘みまくる。

そして、チョペさんのパスには世界が見えました(笑)

今日見て思ったのは、平山にしろ、ワンチョペにしろ、ルーカスと同じぐらいの運動量がないと今の東京のいいサッカーはやりにくい気がする。やっぱり11人が全員運動量豊富に走り回ってこその「東京サッカー」な気がする。

まぁ「次が大事」とか「まだまだ」とか野暮なことは考えず、今は待ちわびた勝利にほっとして過ごしたいわーい(嬉しい顔)
posted by はなちゃん at 21:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。