2007年12月23日

vsサンフレッチェ広島(天皇杯準々決勝)

0−2 (広:柏木、駒野)

東京ガスでの99年?98年?以来、久しぶりのベスト4をかけた戦い。そして天皇杯では苦手とするJ1との対戦。

でも、今年はなんか勝てちゃいそうという、根拠のない自信が無残にも崩れ去った。

いや、冷静に考えればシーズンがあれで、いきなり天皇杯だからって勝てるほど、天皇杯も、サッカーも甘くないのは重々承知なのだけれど、少しぐらい夢見るバカじゃないとサポなんて何年もできるもんじゃないというのは自明の理なわけで…

試合はカウンターにDFおろおろしている間に2失点という開幕戦のような展開。1年なにやってたんだろ…というような悔しい試合でした。

まぁいいや。俺らは負けても、勝っても降格しないし!!

いろいろあって、長かった2007年もシーズン終了。終わってみるとこれから3月までの週末がさみしいかぎり。

青赤なみなさま、よいお年を!!


【追記】
悔しさに打ちひしがれている俺に、妻が一言。

トーナメントで負けたぐらいいいじゃん。広島なんか勝っても降格だよ。まぁ負けても降格だけど。1番大切なシーズンとか入れ替え戦で負けているのに、選手たちって天皇杯勝てば喜べるもんなんだね〜。

でも、奥さん。東京はそんなチームにも負けちまったんだよ〜。
posted by はなちゃん at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

vsサガン鳥栖(天皇杯ベスト16)

2−1 (東:梶山、平山 鳥:衛藤)

格上鳥栖さんに胸を借りた1戦。見事に格下東京が勝利!

J2・8位の鳥栖とJ1・12位の東京の試合。お互いがその順位にいるのが分かるような、練習試合のような試合だった。

鳥栖は連携、戦術は東京を大きく上回り、チャンスを作るが技術と体力が足りずに敗戦。

一方、東京は個人個人の技術でなんとか大切な試合をものにする。

日本のサッカー界で最高のJ1にいるチームなのだから、個人でもチームでも下位のリーグのチームぐらいは圧倒してほしい。

東京のIt's our time!がいつ来るのか。来期?

トーナメントだから勝ちさえすればいいのだけれど、こんな内容で満足できる東京サポは・・・いないよね???

次は磐田か広島。

格上磐田さんか、降格広島さんか。
posted by はなちゃん at 22:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

vs大宮アルディージャ(第33節)

071124_222920.JPG


1−1 (東:石川 大:藤本、レアンドロ)

得点直後の失点、終了間際の失点。どっちも絶対やっちゃいけない得点だった。選手もベンチもサポーターも誰もがそれをわかっている。今年だけでも何度そのパターンでやられて勝ち点を逃してきただろう。

それでもホーム最終戦でも同じ失点を2回もしてしまう。

これが今年、この順位にいることの象徴かもしれない。

ただユータと梶山、栗澤、池上の中盤の小気味良いパス回しはワクワクさせてくれた。あとは中でキープした後にどうワイドに展開するか。ユータが交代してから今までのサイドばっかでダメな東京になったのは来季の補強に向けて重要なヒントになるのでは??

今年もあと1試合か…
posted by はなちゃん at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

vsガンバ大阪(第32節)

071118_140504.JPG
1−1 (東:ルーカス ガ:マグノ・アウベス)
扇谷はいつもいつも東京に恨みでもあんのかね…優勝争いを盛り上げるためのショー的ジャッジですか??

モニのプレーはスローで見ればファールだけど、イエロー出るか出ないかぐらいのプレーでしょ…どちらかと言えば厳しいいい寄せなのに…前節の先に触ったのにPK取られたり、モニはボーズにしてお払いだな。

まぁ10人になっていいサッカーができるようになったのは不幸中の幸いだけど。

サイドが東京のストロングポイントで生かしていきたいのはよく分かる。ただサイドを生かすためにはもっと中がしっかりしないと…

今年何度も繰り返した奪ってすぐサイドに散らすけれど、サイドが孤立ってのが今日も…

サイドを生かすためにも中がボールキープしたり回せるようにならないと上には行けない。

それにしてもホームではガンバに負けないな〜。不思議といつも先制されるのにね!
posted by はなちゃん at 18:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

vsアルビレックス新潟(第31節)

1−2 (東:石川 新:エジミウソン×2)

シーズンもあとわずか。ここまで来ても結局、連動性はおろか、攻撃の形も、守りの形も完成せず…というか影も見えないぐらい。

それにしても今日のエジミウソンのプレー見ちゃうと、あーゆー重戦車みたいなFWがいたら〜とないものねだりをしてしまう…


と敗戦のショックに打ちひしがれる中、後ろを振り返ると…

071110_183351.JPG


新潟戦なのにうちの子オレンジの服着ちゃってる…

へたこいた〜
posted by はなちゃん at 18:36| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

東京vsTDK(天皇杯4回戦)

2−1 (東:平山、今野 T:松田)

初戦は入り方が難しいけれど、こういうスタートもありかな。去年みたいに大勝したのにあっさり負けるよりは、後半にピークをもっていっているってことで。

それにしても得点者だけ見ていると、過去と現在の紅白戦みたい。アマラオの送別試合?引退試合?(笑)

まぁ松田を当時から知っている人がどれだけいるのだろうって気もするけれど、とりあえずモニが奴だけには入れさせないと言っていた松田に決められた。

川崎戦の前のインタブーといい、漢モニワは発言がすべて裏目裏目に出ているので、とりあえずネガティヴ発言だけしたらいいのでは?

「天皇杯、優勝なんかできるわけないっしょ」とか言ったら意外と勝っちゃうかも(笑)

次はJ1上位の新潟よりも強い、格上鳥栖さん。胸を借りましょう。
posted by はなちゃん at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

vs川崎フロンターレ(第30節)

10035355265_s.jpg

0−7 (川:チョン×3、箕輪、マギヌン、寺田、ジュニーニョ)

今日はこのぐらいで許してやりゃ〜!

とはいかずに7失点…フロンターレったらKYなんだから。

多摩川は完全に奪われてしまった。

来年はとりあえず狛江クラシコぐらいで許してもらおう。


思えば、翼君の入ることになる南葛小だって最初は修哲小にチンチンにされていたのに、コーチにロベルト本郷が来て、翼君が入り、三杉君が入り、強豪になった。

東京にもロベルト本郷と翼君が来ることを心待ちにしていよう。まずはボールと友達になってください。

今年2回の惨敗がクラシコをクラシコたらしめる積み重ねになるのかはなはだ疑問。なんかここまでやられてしまうと、次こそ、来年こそはとか、川崎にだけは勝ちたいとか気持ちを切り替えられないことを学んだ。
posted by はなちゃん at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

vs名古屋グランパスエイト(第29節)

071027_231010.JPG


10位対11位の対決。

熱すぎもせず、冷めすぎもせず。

楽しく過ぎることもなく、つまらなすぎることもなく。

多彩な攻撃があるわけでもなく、攻めてがないわけでもなく。

守備が安定するわけでもなく、崩されるわけでもなく。

必死すぎるわけでもなく、気持ちがないわけでもなく。

そんなこんなで中位決戦を制した。

とりあえず塩田、グッジョブ!!

そんな塩田はスーパーひとしくんらしいですね。

「グランパス君、ぼっしゅーとです。」

最後の最後で勝ち点2差以内で賞金圏内に入ったら、この試合がでかかったな〜って振り返ろう。
posted by はなちゃん at 23:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

vs横浜Fマリノス(第28節)

071006_135401.JPG
2−1 (東:平山、石川 マ:山瀬幸)

東京のJ1での100勝目と200ゴールを味わえたことが大きな幸せ。
思えばJ1初勝利もマリノス相手。そして藤山と浅利がいた。

前半は素早いマリノスのパス回し、サイドチェンジ、ワンツーで崩されかけ防戦一方の展開。たまにリチェーリのスピードを生かしたカウンターでチャンスを作るが、マリノスペースで進む。いつも通りのマリノス戦の展開。

東京はクリアボールに、赤嶺とルーカスが競るもののマリノスディフェンスの高さに完全に抑えられ、ペースをにぎれない。

でも、東京には平山がいた。後半平山を投入すると、前線で競り勝ち、起点ができる。そして、リチェーリのふんわりクロスに那須の上から叩き込む平山ヘッド!!!こんな豪快なヘッド、今までの199ゴールには見られなかったのではないだろうか。マリノスディフェンス相手に高さと強さでゴールを奪える快感。

ナオもだんだんキュンキュンさが戻ってきたし、やっと古巣相手にゴール決められて、これをいいきっかけにしてほしい。

そして終了間際のコーナーフラッグ付近での平山劇場(笑)キープ→倒される→平山コールの無限ループに大爆笑。

これから誰が先発かわからないけれど、今日みたいにロングボール主体で攻めるなら平山先発も今ならありだろう。赤嶺、ルーカスで行くなら塩田から何本かあったようにもう少し低いライナーでポストに入れないと厳しい。

いろいろなタイプのいいFWがいるので原さんの采配が大切だ。今日みたいに交代ズバリ!な試合をもっと見たいな。
posted by はなちゃん at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

vsジェフ千葉(第27節)

071001_155156.JPG


2−3 (東:今野、ルーカス 千:新居、工藤、水野)

スコア的には1点差だけれども、しかも前半の最初と後半は東京が猛攻をしかけたけれど、あまりいいサッカーができなかった…まだまだ5連勝するには何かが足りないと千葉に見せ付けられた…

ただその千葉も新居を下げるという東京にとっては非常に助かる采配・交代があり、おかげで2点取ることができた。

東京は勢いで後半、引いている相手を圧倒した。一方、千葉は戦術で前半から東京のプレスをいなし、ゴールをこじ開けた。去年?味スタでの試合(たしかあの時も辻褄合わせの2−3?)に近い感想。

でも、あのときと比べて、選手たちは死力をつくして戦ったし、やりたいサッカーを相手が選手交代でバタバタしたとはいえできたのだから、それほどネガティブな敗戦ではないと思う。

3失点したDF陣も、モニが実質2アシストしたし、ノッてくれるでしょう(笑)

それにしても巻ってこんなによくなかったっけ?タメも作れないし、まったく脅威を感じなかった。走るのはいいけど、ただ走っていただけって印象。それでも負けたのがハンデ戦なのに負けたみたいでより悔しい…

こういう試合でエバウドをパワープレー要員として使わないでいつ使うんだ〜。
posted by はなちゃん at 22:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

vs清水エスパルス(第26節)

070923_232355.JPG
2−0 (東:OG、赤嶺)

6連勝中のエスパルス相手、しかも鬼門味スタってことでどうなることかと思ったけれど、見事に勝利!!なんと4連勝!!!!J1上がって、初めてではないでしょうか???

それにしても今日の試合、東京らしい勢いがあったり、労を惜しまない「部活サッカー」が見られたり、何年か前のよかったときのようであり、とてもよかった。

今日はナオがキュンキュンで雰囲気があった。1対1の仕掛けやスピードが戻ってきて、サイドで優位になり、その勢いのままOGにつながる低くて速いクロス。

4試合ぶり?の失点、しかもオウンゴールで動揺している相手に福西のエンジェルパス&赤嶺のスライディングボレーの素晴らしいゴール!赤嶺、ずっとよかっただけにゴールをいう結果が出てよかった。

その後は清水に持たれ、攻められる時間が多かったが、中央からの攻撃が多く、あまり危ない場面は作られなかったし、守りやすかった気がする。

この4連勝に大きく貢献している守備陣。特に藤山がすばらしい!あの身長でDFの真ん中でしっかりやっている読みの鋭さ、出足の速さはすげー。まさにミスター東京!

結果だけでなく、内容も、選手の動きもよくなってきていて、楽しいね。

FC東京の挑戦―魅せる「セクシー・フットボール」をめざしてFC東京の挑戦―魅せる「セクシー・フットボール」をめざして
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] FC東京の挑戦―魅せる「セクシー・フットボール」をめざして
[著者] 荒川 裕治
[種類] 単行本
[発売日] 2001-03
[出..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by はなちゃん at 23:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

vs横浜FC(第25節)

070917_171216.JPG


残り10試合のだんだん厳しい戦いが多くなる1戦目を無事に勝てたのは大きい。相手は最下位。だからこそ負けると追い上げられ、しかも相手は必死にくる。こういう試合でしっかり勝てれば残留は安心していいだろう。

あとはおもしろいダイナミックなサッカーを見せて、残り全勝&天皇杯制覇なんて結果を残してくれれば少しは…

今日の2ゴールはすばらしい!平山の強引なドリブル突破は相手がバテていたけれど、意地が見えたね。高校時代の良さをちょっと思い出した。

でも、個人的に福西のダイレクトボレーが美しすぎて鳥肌立った!!!福西、広島でも決めたけれど、ハーフボレーみたいなシュートがめちゃくちゃうまいな〜。技術の高さを見せ付けられる。運動量が少ないのはご愛嬌で許したくなる(笑)
posted by はなちゃん at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

vsヴイッセル神戸(第24節)

070901_192632.JPG
3−1 (東:今野、ルーカス×2 神:河本)

プレーの迫力だけでなく、キャプテンとしての頼もしさも感じるようになった。寡黙だった男が味方を鼓舞し、引っ張る。その背中には頼もしさすら感じた。

やっぱり今ちゃんはボランチ。ゴール前でクリアしたり、インターセプトしたり、ゴール前に飛び込んだり、ロングシュート打ったり…改めてボランチとしての能力の高さを見せ付けてくれている。

攻撃は赤嶺によく収まって、リズムができった。赤嶺は試合を重ねるごとにポストプレーに安定感が出てきていい。点は取れなかったけれど、すばらしい活躍。あとはサイド攻撃を生かすためにも、両サイドが開きすぎないで、中で人数かけてのパス回しでリズムを作ってから散らせればチャンスが増えるだろう。

DFは中途半端な位置にいる大久保に手を焼いたところがあるが、セットプレーの1失点だけに抑えたのはよかった。藤山のインターセプトはすごい。職人技だな。

この試合で一番印象に残ったのが平山!!ゴールだけを狙うその姿勢がいい。気持ちが入ってきた。時間を使うプレーも大切だろうけど、こういう試合はもっとガンガン・イケイケで最後まで行ってほしかったから、平山の気持ちがよかった。
posted by はなちゃん at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

vsサンフレッチェ広島(第23節)

070830_224834.JPG
5−0 (東:梶山、赤嶺、福西、平山×2)

はまると強い東京。柏戦と浦和戦とそれほど変わらない質のサッカーができ、内容に結果がついてきた。

今回はうまいこと怪我や累積の選手が出て比較的スムーズに中盤の選手の入れ替えができて、真夏の3連戦でも運動量を確保できたことがよかった。ベンチワークの勝利!?

梶山のゴラッソも勝利を引き寄せたが、塩田を中心に今ちゃんをボランチに使った不安な試合でディフェンスが0に抑えたのが大きい!!これで今ちゃんをボランチで使ってもなんとかなりそうな目処が立った。

やっぱり今ちゃんはボランチだね。イキイキしていた。攻撃でもまた今ちゃん!?ってぐらいフィニッシュにからんでいたし、DFでも厳しい寄せができる。あとは塩田のスーパーセーブに助けられたモニがもっともっと調子に乗って安定してくれるのを願うばかり。

赤嶺のゴールは素晴らしい!!ここぞというところで、GKをも恐れずに飛び込み、手ははじいたが体を当てずにフェアに競り勝つ。苦しい時間帯の追加点は助かった。

前からのチェイスをすげーしっかりする上に、ポストプレーでも、ゴール前でも戦えるから、後ろもおもいきってプレーできる。使えば使うほどいい選手。欲を言えば、1対1でも何かが期待できると最高なんだが。

まぁ良くも悪くも毎年見られる東京らしい試合。数試合悪い試合が続くが、突然爆発してサポの毒を抜く。上位進出は難しいけれど、癖になるサッカーなのかもしれない。ホームでやれば観客も増えるんじゃん?

平山の2ゴール、奇妙なカニパフォーマンス。どんだけ〜!いかほど〜!
posted by はなちゃん at 22:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

vs浦和レッズ(第22節)

070825_193717.JPG


2−3 (東:赤嶺、今野 浦:田中、堀之内、ポンテ)

これで4連敗…どれも引き分けにも持ち込めなそうな負け。

ここまでさまよった挙句に、中盤からの厳しいプレスで奪ってからの素早い攻めといういつものパターンに戻って少し内容はよくなってきたが、攻撃の戦術は…

赤嶺がトップに入って、ルーカスがトップ下に近い位置に入って、中盤のプレスも効くようになったし、競ったボールがルーカスで納まるようになった。あとはそれぞれのアイデア任せ。それでも浦和相手に2点取ったし、攻撃はこの形でやっていくしかないだろう。

問題の守備は、先制したあと中盤のプレスが少しだけど緩くなったとたんに2ゴールを奪われてしまったように、わずかなズレでやられてしまう脆さがいつまでも拭えない。だから、異様に引き分けが少なく、勝ち点が全然拾えない。

どん底からは抜けたような感じはあるが、守備がこのまま安定しないと降格の不安が付きまとう。中盤の守備を安定させるためにも、攻撃力アップのためにも今ちゃんをボランチに戻してくれ。そうすると最終ラインが不安になるは分かるけど…

まぁここまできたら、残り12節でJ1残留を決め、少しでも上にいけるように切り替えてサポートするのみ。残留決まってから、議論すればいい。J1にいてこその強化だから。
posted by はなちゃん at 21:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

vs柏レイソル(第21節)

070818_163349.JPG


0−1 (柏:フランサ)

試合前、今ちゃんフィギュアが「ここに決めるよ〜」と予告してくれていたのに…無念。

選手たちの気持ちが見えた試合。「気持ちを見せろ」、それを具現化するのは難しいだろうが、今日の選手たちは気持ちをしっかりと見せてくれた。そういう意味では納得のいく試合だった。

ただ、気持ちを前面に出して戦った結果が0−1の敗戦。気持ちだけで今日以上の試合は難しいだろう。今のサッカーの限界がより明確になってしまった気がして仕方ない試合だった。

サポもいつも以上に同じ気持ちで声をからした。選手も振り絞って戦った。内容も悪くなかった。ただそれでも結果だけはついてこなかった。

それだけに今日の敗戦は痛すぎる。ただの1敗ではすまないかもしれない。

試合後、選手の気持ちに応えて敗戦の悔しさを押し殺してユルネバで送ったのに、空気のまったく読めなかったフロント登場…今年はこのまま戦っていくという覚悟を示したかったのだろうけど、完全に失敗でしたね。
posted by はなちゃん at 23:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

vsジュビロ磐田(第20節)

070815_195351.JPG
2−5 (東:平山、赤嶺 磐:太田、マルキーニョス・パラナ、上田、成岡、前田)

攻撃での連動がなく、守備もあれだけプレッシャーが甘かったら好き勝手やられる。

運動量とか気持ちとか、そういう問題以前。戦術に欠陥あれば修正できるけど、戦術がなさすぎて欠陥が見つけられない…
ダメダメな状況に愛想は尽きてきたが、そんな中でも選手は戦っている。(だいぶイラついてラフプレーが目立ったが 笑)

ジュビロが同じシステムだっただけに、差が歴然と表れて悔しいし、切な苦なる試合だった。今のサッカー、マジでつまらない。

とりあえず、磐田スタジアムで勝てないジンクスは、味スタや他のスタジアムで勝てるようになってからカウントしてください。
posted by はなちゃん at 21:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

vs大分トリニータ(第19節)

070811_205614.JPG


1−2 (東:福西 大:高松、高橋)

中断が明けても東京は東京だった。この中断期間で前半戦の課題がウソのように消えて、すばらしい後半戦が始まると淡い期待をしていたことは、言わないが、ちょっとはね…それも泡と消えた。

攻撃はまったく形を作れない。しかも、ボールも収まらなければ、セカンドボールも拾えない。

DFはラインを押し上げるけれども、前線や中盤でプレスがかからないから、大分はせーので余裕をもって裏を狙える。

途中交代の選手はまったくボールにからめない…

ゴール裏から「シュート撃て」のコールが響くも、シュート撃つどころかまともにパスもつなげない、チャンスも作れないんじゃシュートを撃つどころじゃないな。

味スタの芝と同様の我らが東京。しっかり根付くのはどっちが先か…

とりあえず日本最高のボランチをしっかりボランチで使うことが一番最初にやることじゃないかな。
posted by はなちゃん at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

vsFCソウル(プレシーズンマッチ)

070726_200507.JPG

0−0

FCソウルのユニの後ろはハングルなのですね。なんか他のどこのチームよりも海外のチームって感じがするな〜。日本も名前の表記をひらがなにしても面白いかも。

まぁプレシーズンマッチ(シーズン中だけどプレ)らしい試合。それでも、モニの切れが少しずつ戻ってきたし、ラインも高くできていた。これに今ちゃんがボランチとして戻ってくれば、もっと安定するだろう。

あとは高さ対策も兼ねて将来に向けて吉本をもっともっとこういう試合で試してほしい気持ちもある。それで安定させられれば、外人枠3人をDFより前で使えるし。

攻撃陣はパスの回し方、崩し方をもっとチームですり合わせていかないと…あと少しでシーズンまた始まっちゃうのだから。まぁ前半戦できなかったことが、ちょっと中断しただけでできるようにはならないか…

ただそんな中で池上は想像以上によかった。はたいて、出て行く。リターンを大きく散らす。などシンプルかつダイナミックに生き生きとプレーしていた。あとはプレーの精度やDFでの厳しさなんかがどうか分からないけれど、楽しみだ。

攻撃陣は調子のよさとか誰を使うとかばかり言う前に、どう崩すか。今ある素材で一番いい調理をしていかないといつまで経っても「この材料があれば…」「材料が悪くて料理の味が悪い」みたいな堂々巡りをするだけになりそうで心配。

ソウルにまた勝てなかったのは悔しいな〜。次こそ。
posted by はなちゃん at 21:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

vs横浜Fマリノス(ナビスコ準々決勝)

070714_203658.JPG


2−4 (東:石川、金沢 横:山瀬、大島×2、マルケス)

いつもよりピッチが遠く見えたのは、雨のせいだけではないだろう。

悔しいけれど、結果が出なくてもチームとしての狙いがブレずに戦って来た横浜と、選手と気持ちと勢いで戦って来た東京の差が如実に現れてしまった。

気持ちとか技術とか補強とか外国人とか言う以前の問題があるだろうに…いつまで待てば「Our time」が来るのだろう。このままじゃ…

まぁ最後まで、シュートを打ったり、飛び込んでいったナオやジョーや赤嶺に期待したい。それにしても、点のほしい状況で交代させなきゃいけないならリチェーリがセカンドレグでスタメンになった意味ってなんだったのだろう。リチェーリがいいとか悪いとかとは別に、守備が特長の選手じゃないだろうに。

雨だ、雨だ、とんがろ〜う!とんがろ〜う!のはずが…大雨&ナビスコ、台風&ナビスコ、どっちでも相性ばっちりだったと思ったのに。なんて相性とかジンクスはドンドン壊して、現実を見つめないとね。
posted by はなちゃん at 23:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。