2006年06月10日

エクアドルvsポーランド(グループA)

日本人の上川さんが主審を務めていました。試合を見ながら、主審の判定に注目しながら観戦。普段のサッカーではありえない見方かもしれないけど、審判も世界中から選ばれた人が参戦しているんだし、審判の裁き方の仕方や違いに注目するのもW杯の楽しみ方の1つなのかもしれません。

試合はゲームプランを見事に遂行したエクアドルが勝利。気持ちを出して、まとまって戦っていた。決して強い、おもしろいサッカーではなかったけど、完璧な試合だったのでは?

ポーランドはボールは良く回ったし、おしいシーンもあったけど、なんとなくかっこいいサッカーを狙いすぎたかな?W杯用のよそ行きのサッカーをして、せっかく予選を突破したときの戦い方が見れなかったのが残念。

エクアドルのへちまシリーズ〈アニマル型〉【きゅあーず倶楽部】


posted by はなちゃん at 18:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツvsコスタリカ(Aグループ第1戦)

4−2(ド:ラーム・クローゼ×2・フリングス コ:ワンチョペ×2)

とてもおもしろい、いい開幕戦だった!なんかすばらしい、楽しいW杯が始まりそうな予感がするような展開の試合で、これからも見たいな〜と思えるようないいサッカーを両チームともしていた。

ドイツはいい攻撃を続けていた。リードしてもガンガン攻めておもしろい。正確で強烈なミドルもあるし、高さ、速さもある。

ただ守備が1本のパスで簡単に、しかも2点とも同じ形でやられていたのが気になる。(オフサイドくさいが…)予選は間違いなく突破するだろうけど、前回大会は堅い守備で勝ち進んだだけに、守備がゆるい今回、どこまでいけるのだろうか…

コスタリカは前にボールが運べれば決められる選手がいる。問題はどうやってそこまで持っていくか。最終ラインや中盤の底で持ったときに、のんび〜りってイメージがある。もっとチャレンジして前に早めに入れていけば、いい選手がいるんだからもっともっとチャンスが作れるし、守備も楽になるんじゃないかな。

でも、W杯の初戦ってもっとおも〜いお互い慎重なスタートが多いけど、今回は楽しかった!!

11HEAD ドイツ代表タイプ FUSSBALL-Tシャツ[ブラック]  11h02-blk【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】
posted by はなちゃん at 03:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。