2008年05月13日

川崎フロンターレvs浦和レッズ(第12節)

0−1 (浦:エジミウソン)

テレビでリプレーを見られる状態だから、あれはPKではないし、リプレーなんか見なくても、オフサイドはなかった。

正直、いつも俺が見る川崎vs浦和は審判に左右されて川崎が不利を被っている。そして今回も…

ちょっとこれほど続くのは何かの力の存在をドンドン疑ってしまう。前から「見えない力」を疑っているけど、これほど毎回じゃね。ほぼ黒だよね。

しかし、PKは勢い、後ろからのタックルも含めて妥当かと。川崎のオフサイドはどんな角度で見たんだろう?テレビでは、スローや一時停止で見たけれど、まったくわからなかった。

浦和の守備の堅さは審判うんぬんを抜きにして、評価されるべき。攻撃はカウンターと個人技頼み。って結局、監督変わったけれど、去年とやっているサッカーは全然変わっていないように見えた。結果が出ているか、出ていないかだけで。

エンゲルスの人柄は良さそうだけれど、監督としての浦和サポの評価が気になる。今日の試合では良さはまったくわからなかった。

川崎は…浦和戦はもー諦めたら?って言いたくなってしまう。かわいそうな試合。引き分けが妥当だった気がする。


posted by はなちゃん at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。