2008年05月12日

眠りの森/東野圭吾

加賀恭一郎シリーズ第2弾。バレリーナと刑事の恋。

加賀さんが男を見せてておもしろい。クールなイメージの加賀がとても人間くさく、男らしい一面を見せてくれる。

悲しいミステリーであり、恋愛小説の要素もある。

加賀刑事と美緒の今後が気になってしまう。

ラストも胸があったかくなった。加賀シリーズが好きになる1冊。


posted by はなちゃん at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96508532

この記事へのトラックバック

東野圭吾『眠りの森』
Excerpt: 眠りの森講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『眠りの森』を紹介します。美貌のバレリーナが男を殺したのは果たして正当防衛なのか?正当防衛なのか意図した殺しなのかを加賀恭一郎が追及するわけで..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2009-08-11 13:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。