2007年11月24日

vs大宮アルディージャ(第33節)

071124_222920.JPG


1−1 (東:石川 大:藤本、レアンドロ)

得点直後の失点、終了間際の失点。どっちも絶対やっちゃいけない得点だった。選手もベンチもサポーターも誰もがそれをわかっている。今年だけでも何度そのパターンでやられて勝ち点を逃してきただろう。

それでもホーム最終戦でも同じ失点を2回もしてしまう。

これが今年、この順位にいることの象徴かもしれない。

ただユータと梶山、栗澤、池上の中盤の小気味良いパス回しはワクワクさせてくれた。あとは中でキープした後にどうワイドに展開するか。ユータが交代してから今までのサイドばっかでダメな東京になったのは来季の補強に向けて重要なヒントになるのでは??

今年もあと1試合か…


posted by はなちゃん at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。