2007年11月04日

川崎フロンターレvsガンバ大阪(ナビスコカップ決勝)

0−1 (ガ:安田)

内容で優勝にふさわしいのはガンバだった。結果もその通りになった。

後半からシステム変えて点を取りに行って、見事に取って勝つ。すばらしい。勝つべくして勝った試合だった。西野監督にとっては特に会心の試合だろうな。

川崎はあれだけ個の力があるディフェンス相手でも、同じ攻撃しかできないのが辛い。破壊力はあるけれど、ワンパターン。中村が持って、ジュニーニョの速さ。

そうなるとやっぱり個の力で対抗できるチーム相手、しかもその相手が慎重にきていると結果が出せない。リーグでは強豪相手に一歩も引かない試合ができるけれど、ここぞというときの勝負弱さはワンパターンさが原因の一つではないだろうか。東京のようにもろい守備陣相手なら圧倒できるけれど。

とりあえずガンバは4年前の東京との準々決勝のときからやろうとしているサッカーが変わっておらず、ドンドン積み重ねられているのが強さだろう。

当時は前半、完全に支配するのに決められず、途中で必ずバテてしまっていたから東京は勝てた。でも、今は決定力もあり、1試合を通してすばらしいサッカーを続けられる。

強いチームはやっぱり違うよな〜。


posted by はなちゃん at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。