2007年10月29日

チルドレン(伊坂幸太郎)

この作品は5編から成っているのだが、決まって登場してくる人物がいる。それが『陣内』。はちゃめちゃな、でも憎めない男。 その陣内をとりまく人々からなる短編集。そんな陣内がどの編にも絡み、すべての話が最終的に相互にリンクしていく、まさにパズルのピースをはめていく。

雰囲気が奥田英朗のイン・ザ・プールの伊良部先生と似ている。

話は短いけど、よく出来ているので、疲れたときの箸休めな感じ。いつもながら伊坂氏が作り出すキャラクターの個性が際立っている。続編ができそうな内容だし、期待して待ちたい。

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
[著者] 伊坂 幸太郎
[種類] 文庫
[発売日] 2007-05-15
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


posted by はなちゃん at 13:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。