2007年10月08日

流通経済大柏vs広島ユース(高円宮杯全日本ユース選手権)

1−0 (柏:小島)

流通経済大柏と言えば、ゆーすけの卒業校なはず。ということで応援しながらの観戦。

試合は流通経済大柏が前線からのハイプレッシャーをかけ、奪ってからも少ないタッチで軽快にボールを回し、チャンスをつくった。

怖がることなくディフェンスラインを高くし、前線と最終ラインをコンパクトにたもっていたので、選手同士の距離も近く、しっかりとフォローがいる。そのためにボールも人も流動的に動き、とても楽しい・魅力的なサッカーをしていた。

ユースは技術・戦術で勝り、高校は体力と連携・連帯感で勝るというステレオタイプなイメージがある。流通経済大柏はどちらも兼ね備えた感じがした。

まぁ他のユースと違って、広島はたしか寮に入って生活している準部活みたいなユースなはずだから、単純に高校vsユースの頂上決戦と考えるのは、俺らが勝手に意識しすぎだろう。

正直、広島は山奥(失礼だけれど…)だからできるユースの形なのだろうが、高校の良さとユースの良さを兼ね備えた素晴らしいユースだと思う。そして、その結果として年の選手に左右されない安定した強さがある。

広島のユースが偉いのは、ユースで全寮制というとイメージされる練習漬けな生活にするのではなく、高校の成績が悪いとサッカー禁止(笑)とか行事にも積極的に参加するなど生活面の指導もしっかりしていること。その成果として、ユースの子達の進学率・就職率がユースの中でも際立っているらしいし、文句なく日本一だろう。

決勝では流通経済大柏に完敗といってもいい内容だったが、サンフレッチェ広島のユースの形態は非常に参考になる。まぁ広島はユースでの育成の成果が早くトップチームにもあわられるといいね。

流通経済大柏は選手権に出るためには高校総体優勝の市船を倒さなければいけないので、選手権ではもーあのすばらしいサッカーが見られないかもしれないのが残念だ。

インターハイチャンピオンが市船。全日本ユースチャンピオンが流通経済大柏。

残るは選手権。

今年の千葉はレベルが高すぎ!!


posted by はなちゃん at 21:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若い連中のうまさにはいつも驚かされるけど、最近は特徴を持った選手が多いよね!?

広島の岡本のロングシュートは「ベッカム!?」って感じだった(しかもまだ二年)
Posted by やす at 2007年10月10日 19:01
岡本のは準決勝?

あれはGKが完全にスパイだろ!?ってミスだった気が…

って岡本ってまだ2年なの!?1年の左ウイングもいたし、広島ってすげーな。

ユース世代はいいけど、その後の伸びだよね…
Posted by はなちゃん at 2007年10月10日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。