2007年10月07日

vs横浜Fマリノス(第28節)

071006_135401.JPG
2−1 (東:平山、石川 マ:山瀬幸)

東京のJ1での100勝目と200ゴールを味わえたことが大きな幸せ。
思えばJ1初勝利もマリノス相手。そして藤山と浅利がいた。

前半は素早いマリノスのパス回し、サイドチェンジ、ワンツーで崩されかけ防戦一方の展開。たまにリチェーリのスピードを生かしたカウンターでチャンスを作るが、マリノスペースで進む。いつも通りのマリノス戦の展開。

東京はクリアボールに、赤嶺とルーカスが競るもののマリノスディフェンスの高さに完全に抑えられ、ペースをにぎれない。

でも、東京には平山がいた。後半平山を投入すると、前線で競り勝ち、起点ができる。そして、リチェーリのふんわりクロスに那須の上から叩き込む平山ヘッド!!!こんな豪快なヘッド、今までの199ゴールには見られなかったのではないだろうか。マリノスディフェンス相手に高さと強さでゴールを奪える快感。

ナオもだんだんキュンキュンさが戻ってきたし、やっと古巣相手にゴール決められて、これをいいきっかけにしてほしい。

そして終了間際のコーナーフラッグ付近での平山劇場(笑)キープ→倒される→平山コールの無限ループに大爆笑。

これから誰が先発かわからないけれど、今日みたいにロングボール主体で攻めるなら平山先発も今ならありだろう。赤嶺、ルーカスで行くなら塩田から何本かあったようにもう少し低いライナーでポストに入れないと厳しい。

いろいろなタイプのいいFWがいるので原さんの采配が大切だ。今日みたいに交代ズバリ!な試合をもっと見たいな。


posted by はなちゃん at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。