2007年09月22日

日本vsカタール(北京オリンピック最終予選)

1−0(日:梶山)

予想通り、厳しい戦いとなったが、現在首位だったカタール相手にしっかり勝てたことがとても重要。梶山、よくやった!!

全体としてサウジのときとはまったく違い、豊富な運動量で労を惜しまず前からプレスをかけ、試合の流れを引き寄せた。しかも、そのいい時間帯に得点を奪う。負けられない試合での、早い時間での先制点。これは大きかった。

後半も梶山の負傷退場、青山の退場と苦しい展開になり、決定的なピンチも何度かあったが、耐えに耐えて勝ち点3を手に入れた。

このチームはよくないよくないと言われるが、本当にこの世代に力がないのだとすれば、きっとこの試合も同点にされていただろう。

まだ何も得てないし、何も成し遂げていない。ただここにきて、観戦者を興奮させ、引きつける気持ちが見られるチームになってきた。ハラハラするだけかもしれないが(笑)

梶山離脱は残念だし、苦しいけれど、梶山がオリンピックに出場できるように、伊野波・平山、頼んだぞ!!!


ラベル:Road to 北京
posted by はなちゃん at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。