2007年09月10日

1ポンドの悲しみ(石田衣良)

30代の大人の恋愛をテーマにした短編小説集。

春のそよ風がすーっと会話の合間をつないでいる午後のオープンカフェで、アールグレイ飲んでいるかのような爽やかな恋愛小説。

どれもハッピーエンドで希望が持てる終わり方だったので、読んでいて気持ちよかった。

どこにでもいそうな男女の日常の何気ない様子を描くのがとっても上手で、なんか実際にありそう…と思わせてしまうのがうまいところ。若い人は、これで30代の恋愛に希望がもてるだろうし、30代以上の人も、まだまだ何かあるんじゃないかと期待させるだろううまさがある。

どれもシンプルないい話。『約束』同様にハッピーエンドばかりなので、楽しんで読め、すっきりするのもいい。




ラベル:Book
posted by はなちゃん at 22:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなちゃんへ
お疲れさん。ちぃの相方「やす」です。

最近まねしてブログ始めたよy(^v^)y
オレも伊坂が好きでいっぱい読んでるよ

ブログでは東京についても書いているから、観に来てなんか足跡を残していってちょ

いじょ
Posted by やす at 2007年09月13日 23:52
ブログすごく更新していてびっくらこいた〜

伊坂幸太郎は「陽気なギャング」で知ったけど、おもろいね!
Posted by はなちゃん at 2007年09月21日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。