2007年08月21日

日本vsハイチ(U−17ワールドカップ 予選1節)

3−1 (日:岡本、河野、柿谷 ハ:Joseph GUEMSLY JUNIOR)

この試合、大きな大会の緊張感のある初戦で勝てたのは大きい。今後は厳しい相手が続くが、最高のスタートをきることができた。

ただ内容は決してほめられるものではなかった。アジアの大会ではあれほど輝いた中盤でのパスミスなどイージーなミスで相手にボールを与え、ショートカウンターで攻める機会を与えてしまった。ボランチの位置での、横パスのミス、弱すぎる縦パスは致命的な結果になりかねない。

また、前線にボールがおさまらず、FWが下がってもらいに来てしまう為に中盤のスペースがなくなるなど、攻撃のリズムがなかなか作れなかった。

DFもシャドーストライカーのマークに苦労し、起点を作られてしまう。そして、そのままボランチが最終ラインに吸収され、ズルズルとラインが下がってしまった。最後の部分は体を張ったり、鋭い読みで抑えたが、もっと質の高い相手だとこのままでは厳しいだろう。

そんな中、廣永のビッグセーブが輝いた。試合のターニングポイントとなったプレーだろう。1対1の決定的な場面での勇気ある飛び出し。その後も出血しながらもしっかりと立ち、味方を鼓舞した。相手の選手が倒れ、担架で運ばれたのとは対照的。このプレーの後の展開の象徴となった。

全体を通してミスが多かったのにも関わらず、しっかりとした試合運びができたのは的確な交代、慌てない選手達のメンタル、気迫ががっちりと組み合わさった結果だろう。まだまだこれからのチームだが、U−17とは思えないほどの頼もしさがある。U−20といい、日本の若者は逞しくなっている。

ただ、日本のほうが上なのに、やはり世界は違うというのを感じた試合。どう考えて日本のほうが勝っているのに、1対1の場面だけはハイチの方が強さ、怖さがある。なぜそこだけ差が出るのか不思議。

若い世代にはここぞという場面での傲慢・わがままな姿をもっと期待したい。


posted by はなちゃん at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。