2007年08月11日

vs大分トリニータ(第19節)

070811_205614.JPG


1−2 (東:福西 大:高松、高橋)

中断が明けても東京は東京だった。この中断期間で前半戦の課題がウソのように消えて、すばらしい後半戦が始まると淡い期待をしていたことは、言わないが、ちょっとはね…それも泡と消えた。

攻撃はまったく形を作れない。しかも、ボールも収まらなければ、セカンドボールも拾えない。

DFはラインを押し上げるけれども、前線や中盤でプレスがかからないから、大分はせーので余裕をもって裏を狙える。

途中交代の選手はまったくボールにからめない…

ゴール裏から「シュート撃て」のコールが響くも、シュート撃つどころかまともにパスもつなげない、チャンスも作れないんじゃシュートを撃つどころじゃないな。

味スタの芝と同様の我らが東京。しっかり根付くのはどっちが先か…

とりあえず日本最高のボランチをしっかりボランチで使うことが一番最初にやることじゃないかな。


posted by はなちゃん at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。