2007年07月16日

日本vsUAE

3−1 (日:高原×2、中村 U:Saeed Alkas)

勝つべきときに、決めるべき選手が決め勝てる。今の日本には結果にはなかなか出ない部分も含めて、強さがある。カタール戦同様に、UAE戦でもかつてないほど、試合を支配し、ボールを持ち続け、優位に進めた。ジーコのときは問題外として、トルシエのときのアジアカップは相当な強さを見せつけて優勝したが、そのときよりも技術、戦術の高さを感じる。

試合は前半はとてもよかった。得点のシーンは個人の技術の高さが大きかったが、連動した動きで、引いている相手にチャンスを多く作れたことが驚きであり、楽しかった。一方、後半はリードと暑さ、疲れのためかがらっと違うチームになってしまった。選手交代や戦い方の工夫がまだまだ未完成なチームという感じがする。

日本はドンドンいいチームになっているが、試合をどう終えるか、進めるかを選手がピッチで考え、描き続けないといけないという点で、内容と結果が伴っていかない不安が常に付きまとう。

このアジアカップも美しく散るか、圧倒的な強さで優勝するのか…どっちかな気がする。「このぐらいでよくがんばった」とか「負けてしょうがない展開だった」という試合が想像しにくく、勝てたのに…って展開か、日本はアジアでは頭一つ抜けたって展開が想像しやすい。U−20ワールドカップの代表みたいに。

どっちに進むのか、「次に」「ワールドカップ予選」「決勝トーナメント」などと考えず、1戦1戦アジアカップを楽しみに見ていきたい。ベトナム戦で終戦だけは勘弁だけど、ありそう…


posted by はなちゃん at 08:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。