2007年07月13日

日本vsカタール

1−1 (日:高原 カ:セバスチャン)

大きな大会の初戦としては無難な戦い方。日本とは気候が大きく違う場所での試合だし、予想通りの展開。というか、むしろ予想以上によかった。

前半は定石どおりにしっかり守る。無理に仕掛けたりせずに、何よりもがっちり受け止めて、跳ね返した。そして、後半から機を見てペースを上げ、1点を狙う。結果として、オシムの狙いはバッチリ当たった。最後のFKをのぞいては。

結果は1対1のドローだし、勝ち点2を逃した悔しい試合。ただ日本が「難敵」と言われていたカタール相手にこれほどまでに安定感のある、大人のサッカーができたことに成長を感じた。

今までのオシムになってからの代表は、どうやって崩すか、どうつなぐかばかりで、例えやられても綺麗なプレーをする武士道のようなサッカーだったのが、結果を求める試合での結果を出すためのサッカーができる。当然の戦術だけど、ジーコのときはできなかった。

そして、今ちゃんを上げて、点を取りに行った時間帯でしっかり高原が点を取ったというのも素晴らしい。ただ3回もあの選手にFKのチャンス与えたらやられるのも必然。

守りも攻撃も狙い通りに進んだ試合だけに結果がほしかった、そしてその後2戦は落ち着いて「らしい」プレーしたいというのがオシムの本心だったろう。それが最後の最後で怪しい判定で手からこぼれた。あれだけ怒るのも分かる気がする。

ただこれはあくまでも初戦で、勝ち点1、内容は悪くはない。


posted by はなちゃん at 23:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。