2007年06月17日

vs浦和レッズ(第15節)

070617_152449.JPG
0−2 (浦:田中、OG)

マンマークで個人で跳ね返す相手に、バカみたいになんの工夫もなく挑んだ感のある試合だった。
一人一人がなんとかしようとがんばっていたり、動こうとしているのは分かる。1対1の状況ではすごくよく闘っていたし、負けていなかった。

でも、チームとしてどう崩すのかが一向に見えてこない。勝って浮かれ、負けて悔しがるのも悪くない。それはそれで楽しい。でも、あんなサッカーに負けるのは嫌だ。

今は負け惜しみになってしまうけど、浦和なんかのサッカーを嘲笑えるような連動した、あんまり好きな言葉じゃないけど“ポリバレント”なプレーができるチームになってほしい。

それにしても高山はなんでワシントンとポンテの喧嘩の仲裁をして、ワシントンに落ち着けなんて、何度もやっていたのだろう。浦和の監督じゃないんだから。浦和のためにしかならないことを主審がするのっておかしいと思うのだけど…


posted by はなちゃん at 19:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。