2007年05月12日

vsジェフ千葉(第11節)

070512_171849.JPG

4−1 (東:ルーカス、ワンチョペ、リチェーリ、OG 千:佐藤)

選手たちのこういう姿を見るために、夢見てバカみたいにスタジアムに足を運んでしまうのだろう。今日は試合開始直後から負けても拍手で迎えたいと思ったし、熱いものが込み上げてきた。

そして今日はゴール裏も開始前から違っていた。現状は最悪。でも。だからこそ、盛り上げて選手たちと戦おう、戦わせようという気持ちに溢れていた。ゴール裏と選手とベンチとすべてのベクトルが同じ方向に向いていた気がした。サポーターは12番目の選手になれるという甘い幻想を信じたくなる。

暮れなずむ東京の街の中で、緑に輝くピッチで躍動する11人の戦士たちと12人目の選手たち。ステキな夢を見させてもらった。


試合は前線から、そして全体がチームとして激しいプレスをかける。サッカーは90分あるということをみんな忘れているのではないかというぐらいの激しいプレスを前からかけ続ける。そして、奪ってからは一気に攻める。加えて後ろからもドンドン押し上げ、飛び出してくる。

千葉の連動性のあるサッカーをまったくさせないほどプレスをかけ続けるなど、今日は守備面ですばらしい連動を見せてくれた。ルーカスのゴラッソは別として、2点目、3点目は完全に戦術がはまった。チームの狙い通りだっただろう。

ずっとこんな試合を続けるのは辛いかもしれない。でも、今日の信男さん、リチェーリ、ルーカス、梶山の運動量には感動すら覚えた。DF陣も体を張って戦った。そしてヒロミも跳んだ。

加えて、試合の余韻に浸っていたら今ちゃんのインタビューがまだ楽しませてくれた。素敵ですねと言われ「ムフッ」とはにかむ姿。シャーを×を出して断り、すごい速さで戻って行く姿。試合中は頼もしく、なんて愛らしいキャプテンなんだ。

まだ1勝しただけだからサポもあまりはしゃがないでくださいとお灸をすえられた!?けど、今日は許して(笑)

試合前、ゆりかもめのキャラがいたけど、後ろから見たときに「フロンターレのイルカとカブのマスコット」が追い討ちをかけに乗り込んできたのかと思った。


posted by はなちゃん at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。