2006年11月23日

vs横浜Fマリノス(第32節)

1−2 (東:ルーカス 横:奥・那須)

前半はすごくいい流れだった。狙いもはっきりしていたし、チャンスもつくれていたexclamation×2まぁゴールがPKだけってのは寂しいけど、決めるチャンスはあった。

前から全体でガンガンプレスをかけてペースを握る。攻撃もルーカスが栗原に競り勝てないけど、こぼれ球をユータやミヤが拾って起点を作る。足元に入ればルーカスもキープできるし、ユータもキープできるしでナオや徳永の飛び出しからチャンスもつくれた。OKでしょ手(チョキ)

問題は後半。今日のスタメンを見た時点でボランチの二人は90分キツイだろうな〜って誰もが思ったと思うんだよねexclamation×2案の定、後半は中盤のプレスが緩くなって横浜に支配されて、好き勝手やられたバッド(下向き矢印)なのに交代が宮沢→平山がく〜(落胆した顔)余計に中盤が空いてしまってドンドンやられるふらふらギャーーーーーがく〜(落胆した顔)

まぁベンチを見て、ありえるのは「宮沢orふみさん」→増嶋で今ちゃんボランチぐらい???あとはユータ→クリ???当日の采配も疑問だけど、それ以前に試合が始まる前、メンバーを選ぶ時点での読みの甘さを感じたもうやだ〜(悲しい顔)

選手はがんばったし、あれ以上走れとか言うのは酷。中盤持てないとノリオも活きないのは当然。平山なんか何もできなくて当然。今日は選手ではなく、ベンチワークが後手後手になってしまって、負けてしまった。交代の意図が分からないし、ちょっと納得できない?すっきりしない負け方。こういう負け方は嫌だ。


ラベル:FC東京
posted by はなちゃん at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。