2006年11月13日

日本vs北朝鮮(アジアユース決勝)

1−1 (4PK5)(日:柏木 北:RI, Chol Myong)

決勝の舞台でいきなりのミラクルロングシュートで失点。これは痛かったバッド(下向き矢印)あんなシュート練習でも100本打って1本入るか、入らないか。でも、それが入ってしまうのが真剣勝負。そして、シュートは打たなきゃ入らない、打てば何かが起こるかもしれないってこと。

全体的に前半はパスも回らないし、セカンドボールも拾えないし、なんかバタバタしていた。そこがもう少し落ち着いて試合に入れれば結果は違ったかもしれない。

でも、大会を通して90分では最高でも2失点しかしてないDFは評価できると思う。攻撃もすべての試合で得点をしていたし、力は発揮してくれた。ただ決勝で負けたから悔しいだけexclamation×2十分、予想以上(?)にがんばってくれた。

ワールドユース(ワールドカップよりすっきりするのは慣れの問題かexclamation&question)の切符を得られただけで“合格”って感じだったし、予選グループもかなり厳しかったのに、勝ち進んだことは大きな経験。延長2回もこなして、どこの国よりも長い時間ピッチを味わえたし(笑)

課題もいっぱい出た大会だったの思うので、ぜひJのピッチに一人でも多く立って少しでも成長できるように、がんばっている姿を見れることを楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)東京戦ではお手柔らかに(笑)

そして小澤は来年、カナダ行けるようにがんばれ〜exclamation×2超がんばれ〜手(グー)


ラベル:日本代表
posted by はなちゃん at 22:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。