2006年10月22日

vsガンバ大阪(第28節)

3−2 (東:今ちゃん、ノリオ、ナオ ガ:播戸、マグノ・アウベス)

ナイス、ガス爆発むかっ(怒り)久しぶりにきました、東京らしい???大逆転勝利るんるんホームでの昨年のお友達招待試合「名古屋戦」を思い出すような展開で、今日は勝利の味をかみ締めさせてもらいましたわーい(嬉しい顔)ホ〜ントに勝つっていいねexclamation×2みんな笑顔で帰れるっていいねわーい(嬉しい顔)

正直、今日の試合を見ていて前半0−2だけどそれほど悪いとも思わなかったし、勝てないとは思わなかった。でも、招待DAYだからなのか、最近のゴール裏の特徴なのか、「またかよ、ふざけんな〜」みたいな空気で、前半の終わり頃は声が全然出ていなかった。

たしかに連携もダメな部分が多かったし、パスミスも多かったよexclamation&questionでも、梶山がスライディングしてがんばっていたり、ナオが一人でチャレンジしていたり、ルーカスもすげー追ってたり…それなのにG裏で解説者ぶってる奴がいたり…選手はがんばって当然だと言われればその通りなんだけどさ。

後半の10分ぐらいからそんなサポ(ホントはサポとも呼びたくないけど…)がいることが、そんな奴らに東京がけなされることが悔しくて涙が止まらなかった。結果がでずに試合が進むのも悔しかったし。負けてるのに泣いてる場合じゃなかったんだけど(笑)

それが今ちゃんのゴールで雰囲気が変わって、イケるexclamation×2って声を出す人が増えだした。気づいたら俺の悔し涙も嬉し涙に変わってた。悔し涙と嬉し涙を一緒に味わえるなんて珍しいよね(笑)最後のウェーブらへんでは笑いながら泣いていたよわーい(嬉しい顔)嬉しいときも、苦しいときも笑いを忘れない東京をちょっとだけ取り戻してくれたイケイケに今日は感謝したい。

それと一緒に応援して、声をからしていた友達にも感謝したい。その隣にいたブラジルの旗を持った見知らぬサポにも。お互い選手に、試合に言いたいことはいろいろあっただろうけど、前や左隣、後ろがたすきの意味にも、コーヒールンバの意味も考えず声も出さずにウダウダしている中、我慢して声を出し続けて俺も鼓舞してくれた。

最近のゴール裏の一部(であると信じたい)のサポに対して、一つの試合の中でさえ負けてればボロクソに文句言って、流れが変わると人が変わったように喜んで。なにが「We are Tokyo」だ。何が「ユルネバ」だと思う気持ちが強い。決められれば土肥ちゃんが、フジが、浅利が、梶山が、平山が悪い…とか犯人探しに躍起になって、勝ったら勝ったでいきなり応援しててよかった面。

もーやめようよ。きっとそういう人にはどう言っても伝わらないんだろうけど…

勝っても負けても良くてもダメでも東京は東京。勝って楽しむ、声が出るのは普通。負けてても、ダメでも楽しもうよ。声出そうよ。ここぞというときにヤジやブーイングは取っておこうよ。

いつも心にユーモアを。


posted by はなちゃん at 23:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。