2006年09月09日

vsヴァンフォーレ甲府(第22節)

1−3 (東:ルーカス 甲:茂原、バレー×2)

大切な用事があって、前半終了間際に味スタ到着電車大型画面を見て唖然がく〜(落胆した顔)何?0−3って????誰か退場したのかと思ったし、むしろ3−0かと思ったよ…

俺が見る限り、何であの相手(甲府サポすいません)に3点も取られたのか分からない。後半は完全に押しまくったし、チャンスもわんさか作っていたサッカーピンチもバレーカウンターが単発で1・2回だけ。とてもじゃないけど、やられる気なんかしなかったし、やられる相手じゃないよねexclamation&question

でも、それでも負けは負け。まぁ俺の中では1−0で勝ったけど(笑)

帰宅後、前半をテレビで観戦TV

座席まで取ってくれていた薫くんが嘆く姿を散々見せつけられたのでどれだけヒドイかと思って覚悟していたら、それほどではなくない????

チャンスは作れているし、3点目以外はまったく崩されていないもんexclamation×2前半ラストから後半を見て俺が抱いた感想とそんな変わらないかな?

でも、やっぱり決めるとこ決めないと流れは相手に行くし、球際で激しく行かないと流れを持っていかれる…それに先制点を取られるとシュートも丁寧に!!って意識が強くなりすぎて、シュート打て!!の展開になっちゃうから集中しないと。

あとはユータやナオなんか競れるボールも無理しないときが多いし、みんなキレイにやろうとしすぎ。いつから軽く、キレイにやって勝てるほど強豪になったのexclamation&questionプレスや追いかける気持ちは見せてくれているけど、もっと体張ろう…

あとはサイドを狙う気持ちが強すぎて、サイドに戸田もナオも張りすぎバッド(下向き矢印)サイドのポジションチェンジをしようが今のままじゃダメ。もっと中を狙ったり、一回引いてボールをもらって落としたり、動かないとマークにつかれてスペースなくなって終わるたらーっ(汗)信男さんみたいに中で縦を狙ったり、外から内、内から外、とか考えないとexclamation×2でも、すばらしいお手本がいるから成長できるでしょexclamation×2

まぁ幸か不幸か、こういう失点をした試合って選手も「やられた」って感じがしないと思うんだよね。切り替えはしやすいでしょう。でも、戦術の問題じゃないからこそ深刻でもあるexclamation&questionしっかり反省してくださいexclamation×2

リーグにモチベが上がらない今だからこそ、チーム内での競い合い、結果を出せなければ次の選手にチャンスがくるような選手起用をお願いしますexclamation×2じゃないとグダグダいっちゃいそう…


posted by はなちゃん at 23:57| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうケリーが、先制するはずだったみたい。
でも甲府まではなちゃんとあとっぽい観戦したの?
Posted by BlogPetのケリー at 2006年09月12日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。