2006年08月27日

vs清水エスパルス(第20節)

0−2 (清:チョジェジン×2)

試合の前に「河岸の市」で腹ごしらえ喫茶店「みやもと」って店で食べたけど、ネギトロ丼が超バモスexclamation×2桜エビのかきあげも最高手(チョキ)ただ結果としてこの食事が清水戦のハイライトになることに…

06-08-27_01-33.jpg

とりあえず今日の試合は特に後半、誰が楽しめたんだろう?というような試合。それもこれも審判様様でしょう。扇谷さん???とってもよく目立っていましたよちっ(怒った顔)

試合は東京よりも選手がフレクシブルに動く清水が優勢で、東京が縦への速い展開からチャンスをうかがうというようなスピード感あるなかなかいい展開サッカー清水がサイド攻撃やポストに入れてからの動き出しで東京より多くチャンスを作るドキドキの展開揺れるハート

が、突然主審が試合をぶち壊す。ロスタイムに徳永の何かでPK&徳永退場がく〜(落胆した顔)意味不明でしたたらーっ(汗)そしてナオがトップになって右サイドが伊野波一人になったのに、伊野波削られて、痛んでいる間に右サイド崩されて失点バッド(下向き矢印)正直、そりゃねーべ審判…ゴール決まってから一生懸命駆け寄って心配されても意味がない。決まる前に試合を止めてくれ。

10人対11人になったから、東京はしかたないがある程度引いて守備をしっかりとしてカウンターを狙う。清水は全体が動いてスペースを作るサッカーを続けようとするが東京が引いているからスペースがない。だから、後ろでパスをまわし続ける…東京は人数足りないしプレスに行けない…清水後ろでボールまわす…

こんな感じで主審のおかげで東京にとってはもちろん、清水側にとってもおもしろくない、魅力のないサッカーが45分繰り広げられた。審判も試合を創る一人であり、笛を吹いて金をもらっているプロ。今日の審判は正しい正しくないは別にしても、試合のおもしろさを壊した。この責任は何よりも重い。審判を守る警備員を用意するお金があるなら、もっとましな審判用意してくれ。

今日の試合でよく動く、展開もいい清水相手に長い時間守備をじっくりできたことは収穫かな???守備を修正するいい「練習」になったexclamation&questionあとはきっとまだこうやって一人少なくなる試合が出てくるはずだから、そのときにどうやって1点取るか。

まぁ清水は去年から狙っているサッカー好きだったけど、テクニックあるのに飛び出したり、動く選手が多くていいチームだったから審判にあんなことさせなくても強いねexclamation×2そして不運なプレーもサッカーの一部として受け入れていくしかないんだよね…


posted by はなちゃん at 01:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。