2006年08月24日

ブラジルvsフランス(ベスト8)

0−1 (フ:アンリ)

今さら見た(笑)

ブラジルのセットプレーの守備の仕方に「アメリカ大会のアルゼンチンvsナイジェリア」(だと思ったけど…)のアルゼンチンの失点シーンを思い出した。しかも、当時のアルゼンチンよりも組織として徹底されていないから、見事フランスに狙われて失点。1本危ないのがあった時点で、それを改善できなかったブラジルと、したたかにねらったフランスの、頭をつかった差。

ブラジルは攻撃のパス回しとか、ロナウジーニョのパスとかいいけど、守備のプレスが緩いのがいまいち。五分五分のボールやくさびには激しくタイトにいくけど、相手が前を向いたときのプレスと守備がな〜。もっとしっかり守備で体はれるDFを組織できれば勝ち抜けただろうに。まぁその守備でよせないことによって、奪ったときには自分たちの攻撃のスペースがあってパスが回せるわけだけど…

ほとんどチームとしてのベクトルが攻撃に向いていたブラジル。メンバーは最強でもチームとしては最強ではありませんでした…MFにスーパーな選手が複数いるときのブラジルっていつも同じパターンで負けてるよね(苦笑)

それにしてもアンリといいリベリーといい早いな〜。マケレレ・ビエイラは強いし。フランスはCLを勝ち抜いたアーセナルみたいだったサッカー


posted by はなちゃん at 21:35| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マルケスって横浜の禿?
バルサのおっさん?

マケレレでしょ!?w
Posted by 薫 at 2006年08月24日 22:30
いいアンリと緩いのが複数とかいくけど
はなちゃんは、アルゼンチンでロナウジーニョなどを組織しなかったの?
Posted by BlogPetのケリー at 2006年08月25日 17:57
>薫
まぁどっちでも同じだよw

>ケリー
アルゼンチンでロナウジーニョって危険な香りだ。
Posted by はなちゃん at 2006年08月28日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。