2006年07月13日

ジダンvsマテラッツィ

世間の論調が「悲劇の主人公ジダン」という感じでつっこみずらかったけど、俺の今回の件の感想。


マテラッツィが本当になんて言ったか分からないし、ジダンが何を言ったのかもはっきりはしていないけど…


まず俺はジダンが悪い。ほぼジダンのせいだと思う。だって、マテラッツィは守備のために延長後半、1点取られたら終わり!!って状況で必死に守っていた。しかも、あのジダンのマークってよっぽど必死だというのは想像に難くない。

そんな彼が正当かどうかは微妙だけど、ユニをつかんでマークしているところにジダンが「そんなにユニフォームがほしいなら試合後交換してあげる」って言ったみたいじゃん?これってジダンがどういう気持ちで言ったかは別にして、マテラッツィからしたら、相当な嫌味じゃない!?マテラッツィは嫌味に対して嫌味で返したぐらいの感覚だと思うんだよね。

あと、今話題になっているセリフって、人種差別ってよりもヨーロッパでよくある「悪口」。しょっちゅう同じ言葉を審判や相手に口にしてるイケメン選手もいるし…

それに対して、手を出した(頭を出した)ジダンはどう考えてもダメ。というかサッカーやってる人は分かるだろうけど、どんなにやられても報復したらダメって分かるよね。挑発したのにお返しされてキレたジダンが悪い気がする。「ラスト試合」「引退」って枕詞がつくからジダンかわいそう。ジダン、悔しい。って思いになるのは分かるし、マテラッツィは数々の悪行、前科があるから悪者になるのも分かるけど…

ジダン、愚かなことをしてしまったな〜というのが俺の感想。

くだらないゲーム&映像発見(笑)
Zidane Saves Materazzi's Life
Zidane il gioco!


posted by はなちゃん at 23:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうは、気持ちが試合しなかった?
Posted by BlogPetのケリー at 2006年07月14日 17:07
やっぱ試合には気持ちが大切だよね(笑)
Posted by はなちゃん at 2006年07月22日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。