2006年07月02日

イングランドvsポルトガル(準々決勝)

0−0 PK3−1

イングランドは負けて納得の内容だったのではないだろうか。選手はすばらしい選手がいっぱいだけど、中盤は機能しないし、前線もワントップが機能しないしで、ロングボールばかりの放り込みサッカーになってるんだもん。トーナメント進んでからつまらないサッカーに終始してたから。

まずルーニーのワントップはないでしょ。ガタイはいいし、技術もあるからポストプレーもできそう。ウイニングイレブンなら。現実はスペースがあったり、前を向いてこそ良さが生きる。それに普段ファンニステルローイがいるからそんなにポストプレーしないし、全然ダメだったね。そりゃイライラするよ…

中盤もあれだけ機能し続けなかったランパード・ジェラードのコンビをなぜ使い続けたのだろう。クラブからの圧力でもあったの??タイプが似てるからか共存は今の段階では無理そうなのは明確だったのに…ジーコと同じでエリクソンも思い切れなかったのがもったいない。

勝ったポルトガルもボールは回るけど、問題はどうやってゴールにボールを入れるか。優勝にふさわしいチームではまだまだないよな〜と思うけど、どうなることでしょう。

adidas★ワールドカップ記念モデルジャージ★イングランド★【仰天価格すぐくるジャパン】


posted by はなちゃん at 18:27| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケリーたちが、ポルトガルでイングランドやロングボールとか思い切れなかったのが
ケリーが、ポルトガルでダメや、ガタイをルーニーしなかった?


Posted by BlogPetのケリー at 2006年07月04日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。