2006年07月02日

ドイツvsアルゼンチン(準々決勝)

1−1 PK4−2 (ド:クローゼ ア:アジゃラ)

ここらへんになるとそれぞれの国がどんな気持ちでくるかによって試合としてのおもしろさが決まってくる。両チームが勝つぜ!!やってやるぜ!!って気持ちでくるとおもしろい試合になるし、負けないように!やられないように!!っていう気持ちでくると膠着した試合になる。

今回の試合はどちらかと言うと後者だった。特に前半は両チームとも慎重だった。ドイツは中盤でのキープはある程度捨てて、ゴール前をがっちり固めてリケルメに入るボールはしっかり狙うけど、それ以外の中盤は自由にさせていた。

一方、アルゼンチンもキープはするけどあまり無理はせずボールを回していた。

両チームともリスクを犯さないから得点・失点のにおいがあまりしなかった。こういう試合でゲームが動くのはやっぱりセットプレー!という感じでコーナーからアルゼンチンが得点。アジャラ〜!!なのかアヤヤ〜なのか分からないぐらいの興奮でした。

ドイツは完全に試合を支配されたけど、スローインから流れるような攻撃でクローゼがゲット。抜け目ないし、決定力がある。

アルゼンチンはドイツDFのパスミスからテベスが確実に得点を奪えなかったことが結果として響いたかな〜。あういうミスを得点につなげられていれば…

PKはレーマン。文句なしでした。

あれだけ美しいサッカーをしていたアルゼンチンが敗退したのは残念だけど、開催国がベスト4。W杯自体が盛り上がるという点からみるとドイツ、よくがんばった!!

DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(黒)  D06-03【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】


posted by はなちゃん at 01:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。