2006年06月14日

韓国vsトーゴ(グループG)

2−1(韓:李天秀、安貞桓 ト:クバジャ)

この試合、パクチソンというワールドクラスの選手とその他の上手な選手たちといった感じの試合だった。朴だけまったく次元が違った。チャンスも作れるし、ファールももらえるし、パスも回せる。やっぱりスーペルな選手だ!!

韓国と日本の結果の違いは、韓国は采配が当たって、日本は采配が外れたってところ。韓国はむずかしいこと選手交代をしたわけではなく、「いつもの形にした」ってだけ。一方の日本は「初めてのフォーメーションにした」ってだけ。違いは一目瞭然。

安が入って完全に流れが変わったし、退場、逆転へとつながった。選手交代って重要。

あとは韓国はよくボールが回っていた。相手の強さも中盤の技術も日本とさほど変わらない韓国があれだけ回せるって…ボール回しには技術だけではなく、歴史とか経験がすごく大切なんじゃない?と思った試合でした。日本と韓国の経験の差がこういうところにまだあるのかもな〜。

とりあえずこの試合はパクチソンを見れただけでよかった!!

日韓国旗カフスボタン【木の玩具・オリジナルカフスの+kerorin-honpo+】


posted by はなちゃん at 00:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。