2006年06月13日

日本vsオーストラリア(グループF)

1−3(日:中村 オ:ケーヒル×2、アロイージ)

正直、完敗だね。なまじ先制してしまっただけに悔しさがつのる。中盤は完全に支配されたし、チャンスもほとんど作れなかったし、やりたいサッカーがまったくできていなかった。まずはそこが一番大きな問題点。

次に相手が3トップにしたときに3バックのままだと厳しい。坪井がいなくなって控えの真ん中がモニしかいないのも…これがジーコ采配の4年間の集大成ですね。

全体的に日本の攻撃陣は重かった。パスがつながらないし、マイナスにドンドンずれるし、クロスは正確ではないし、プレスはかからないし…川口も失点までよかっただけにあのロングスローでの飛び出しが…

オーストラリアはヴィドゥカがいい。ただそれ以外はそれほどでもなかったんだけど…ケネディなんて194cmだけど技術もないし怖さがなかった。

小野もなんで入れたかな〜。高原1トップなんてカウンターできる予感がなかった。怪我以外の交代のカードをなかなか切れなかったし。ジーコは完全に
「ワールドカップで勝てそう」
って空気にのまれた。

書けば書くほど悔いが残る試合だよな〜。守備のできるボランチ交代要員がいないし、カウンターで生きるMFもいない。今野や松井がほしい…まぁこの選手層もジーコの4年間の賜物。

とりあえず悔しすぎるからジーコのせいにしておこう。

ケロロ軍曹パペット★日本代表オフィシャルライセンス【仰天価格すぐくるジャパン】


posted by はなちゃん at 00:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。