2006年06月11日

アルゼンチンvsコートジボアール(グループC)

2−1(ア:クレスポ、サビオラ コ:ドログバ)

大きな力の差がなく、均衡していておもしろかった。ただ少しずつアルゼンチンの方がうまかった。決定力、ゴール前での発想、究極に言ってしまえば「リケルメ」がいるか、いないか。

アルゼンチンは組織的!!個人の力もかなりだけど、それに組織としての動き、狙いがしっかりしている。1タッチ、2タッチでの攻撃が早くて攻撃的でおもしろい。

しかもボランチとディフェンスラインがコンパクトで相手に簡単にプレーさせていない。体格はそんなによくないけど、うまい。日本が目指せる国!?無理かな…

コートジボアールも強いのは分かっていたけど、予想以上!!個人個人は最高レベルだった。あとはどうやって守るかとか、どれだけ集中できるかとか。ただドログバはスペシャル!!

Ts43 マラドーナ MARADONA/アルゼンチン代表(メキシコ86) Tシャツ(水色)【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】


posted by はなちゃん at 18:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。