2006年06月11日

スウェーデンvsトリニダード&トバゴ

0−0

スウェーデンが多彩な攻撃でガンガン攻めるが、T&Tが体を張って、気持ちを前面押し出して守りきり0−0で見事勝ち点3を手に入れた試合。

スウェーデンはいい形で攻め続けたし、普通だったら何点かは入っていた。早いパスワークで真ん中から崩したり、サイドからクロスで崩したり、個人技で崩したり、点は入らなかったけど、攻撃的でおもしろいサッカーを90分続けていた。

トリニダード&トバゴは気持ちがいいぐらい一生懸命守った。攻撃でのチャンスはほとんどなかったけど、退場者が出てもよくがんばった。ヨークはシドニーFCのときも思ったけど、マンU時代のイメージと全然違ってボランチで落ち着いて、試合・チームをしっかりコントロールしていた。いい選手だ。

スウェーデンにとってはこれだけボールを持ちながら決められなかったし、回りからも、きっと自分たちも勝って当然と思っていただろうし、ということがドンドンプレッシャーになって決定率を下げてしまったのだろうか…

前半の猛攻を凌いだことで初出場のT&Tは「やれる」という自信をもってしまったし、スウェーデンは「こんなはずでは」という焦りをもってしまった感じ。T&Tの監督の選手交代もすごく効いたんだろうな。

wap058スウェーデン★エンブレム ワッペン【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】


posted by はなちゃん at 03:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006ドイツワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。