2009年04月21日

ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂尊



バチスタシリーズ第三作目。救急医療現場の光と影。ミステリー感はないけれど、臨場感たっぷりで面白い。

ただただ速水がカッコイイ。

速水部長に収賄の疑惑が持ち上がり、田口委員長が調査に乗り出すというストーリー?

が、速水部長を中心としたICUでの嵐のような闘いの場面の疾走感にぐいぐいひきつけられる。緊急医療のスピード感も感じられる。

そしてバチスタのときと同様に、現代医療の問題点を中心に、悩める現場の人々を描いている。倫理と理想をすり合わせることは、どの現場でも難しい問題なのだろう。

「ナイチンゲールの沈黙」とストーリーが同時展開する。そして、この本の前に「螺鈿迷宮」も読んどくと理解度がさらに上がると思う。この2作はそれほどおもしろくなかったけれど、それを知ったら読みたくなる人はいるだろう。なんて商売上手。









posted by はなちゃん at 22:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。