2009年04月05日

vsジュビロ磐田(第4節)

090405_191540.JPG1−0 (東:赤嶺)

笑顔で頭を出して、いい子いい子を求める権田。
美しき師弟愛。


ボールは少しずつ回るようになってきているが、あくまでも基本は横・後ろのみ。どうにか前に行くスイッチを入れるタイミングをすり合わせていかないと、進歩はない。

ただそれでも結果が出ていることが助かる。少しの自信と余裕をもって目指すサッカーを追求してほしい。

後半の残り10分、1点取った後はかなりいいサッカーができていた気がします。

ナオがサイドに開き、セカンドボールを達也、梶山らが拾い、羽生も少し高めの位置取り、長友も追い越していく。浅利をアンカーにして4−1−4−1気味な形が今のところ一番合っているかも!?

まぁ勢いや流れもあるので、それを感じて選手が動けるようになればおもしろいです。

それにしても今日の権田はすばらしかった。昨年のアウェーガンバ戦の塩田のような活躍でした。勝利を引き寄せたのは間違いなく権田のセーブ。だんだん安定感が出てきて、周りも安心感をもてるようになってきているのだろう。

若い子の成長ってすばらしい。

赤嶺は…日本人ぽくない純血ストライカーの赤嶺の評価は内容よりも結果だと思っているので、合格(笑)89分消えていても1回のチャンスで1点を取る才能。

次は88分消えて2点取ってくれたら…なんて高望みしすぎですね。

相性って不思議だし、怖いな〜





posted by はなちゃん at 19:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。