2009年03月16日

ガンバ大阪vsジュビロ磐田(第2節)

4−1 (ガ:遠藤×2、パク、レアンドロ ジ:ジウシーニョ)

う〜ん…結果と内容が一致しない試合だった。

正直、4点も取るほどガンバの出来はよくなかったし、3点差もつけられるほどジュビロも悪くなかった。

中盤でのパス回しもほぼ互角。ポゼッション率だけでいうと少しガンバが勝っていた気もするが、「効果的」という目で見ると変わらない。

ジュビロもひいてブロックをつくって回されるというより、回させても最後を守ろうという意図が見え、ほぼ狙い通りにピンチもなかったのだけれど、4失点…

川口のミスもあったけれど、セットプレーやPKなど個の力で押し切られた感がある…

ガンバは流れや勢いと関係なく、ポンっと点をとれるのはすごい。

そして何より西野監督が「ゲームはコントロールしていたし、使いたい選手も時間を確保して使えたのは良かった。今は結果が大事だと思っている。いろいろとキャストをかえながらやっている中で、問題ないと思います」と語るように、やっと選手が戻ってきて、いろいろ試しながら、連携を築きながらの、この結果。

中盤の軸が変わっていないから、落ち着いていろいろ試せるのが今のガンバの1番の強み。ACLすらいいテストの場に感じるもんな〜。

良くないからこそ、よりガンバの怖さを感じた。これで2007年シーズンみたいな連携が出てきたら…世界で戦えるんじゃん!?


posted by はなちゃん at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。