2008年12月21日

ジュビロ磐田vsベガルタ仙台(入れ替え第2戦)

2−1 (磐:松浦×2 仙:梁)

両チームの選手、スタッフ、サポーターのヒリヒリするような緊張感が伝わってきた。言葉で伝えるのは難しいけれど、見れば分かる試合。

両チームとも気持ちが入っていたし、ゴール前での攻防、特にロスタイムなどはそれだけでも入場料を払う価値がある試合だった。

でも、楽しい試合ではなかった。

こんなに見ていて苦しい、心臓がしめつけられるような試合はなかなかない。両チームの差は、ラッキーボーイがチャンスをものにするか、できないかだけだった。

ただ本当にJ1で戦えるチームだったら2失点目はしなかっただろう。

そんな入れ替え戦も今年で終わり。来年からは3チームとも自動入れ替えらしい。

真剣勝負が選手の力を引き出し、伸ばすのだとしたら入れ替え戦はこれからもやったほうがいいだろう。やる方はたまったもんじゃないよな…


posted by はなちゃん at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。