2008年11月09日

vsガンバ大阪(第31節)

081109_141705.JPG081109_142037.JPG081109_142413.JPG


3−1 (東:カボレ、石川、平山 大:ルーカス)

東京のことを強いと思った試合。

うまさでは圧倒的にガンバが優っていた。試合も多くの時間ガンバが試合していた。しかし、東京がチャンスをことごとく逃さずにガンバ相手に3−1の勝利。

肉を切らせて骨を断つことができた。

Moving Footballにはまだまだ。ただポゼッションされても慌てずに、しっかり受ければ勝機が来る!ということを信じて、チームとしてブレずに戦えていた印象がある。

監督のゲームプラン、守備、攻撃を信じて戦えた強み。こういう姿勢で戦えるチームは強い。

ACLも優勝も当然まだ何にも得ていない。ただそれと同等か、それ以上に価値のある「自分たちを信じる力」を東京は得てきているように感じた。

結果を残すことで本物の力にしたい。あと3戦。突き進もう。


posted by はなちゃん at 18:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ACLも優勝も当然まだ何にも得ていない。
>ただそれと同等か、それ以上に価値のある「自分たちを信じる力」を
>東京は得てきているように感じた。

まさにその通りですね。
さぁあと3つ。
恐れるものは何も無いですからね!
Posted by Jam8 at 2008年11月09日 23:56
>jam8さん
こういうときこそ、今までの東京のよさ、勢いに乗った時の強さと終盤の強さを発揮してほしいですね!
Posted by はなちゃん at 2008年11月14日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。