2008年10月18日

vs大分トリニータ(第29節)

0−1 (大分:鈴木)

トーナメント気分で臨むと意気込んでいた試合。結果がすべてなので、内容うんぬんの前に負けてしまったということは、東京がまだまだということだろう。

しかし、それだけ気持ちがこもっていた大切な試合、いくら田舎とは言え、田んぼではなくサッカーコートで戦わせてあげたかった。そしてまともな審判で上位にチャレンジさせてあげたかった。

抗議を諦め離れていく赤嶺に付きまとい、散々挑発して、結果イエローを出す家本。戦慄を覚えた。ジャッジがウマイ・ヘタ、公平・不公平以前の問題が家本にはあるよ、マジ。

中盤の構成、動きの質、ボールを扱う技術、どれをとってもまだまだ成長する必要があるし、それでもこの位置にいる東京を、今年、来年と見守れる幸せを感じながら、あきらめず優勝、ACL、賞金圏を目指してスタジアムでバモバモするしかない!!


posted by はなちゃん at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。