2009年04月30日

家族の言い訳/森 浩美



作詞家の書いた短編集ということで、わかりやすい物語が多かった。

まあまあでした(笑)
すごい面白いわけでもなければつまらないわけでもなかった。

わかりやすく、感動系の話を有名人が書くと売れ、評価されるもんだよね。

良く言うとわかりやすくシンプル。悪く言うとストーリーはいいけれど、人物描写が力不足。感情移入するほど、登場人物像ができあがらなかったので、泣くほどのものではなかった。いい話だな〜って。

個人的には薄っぺらい感動話が多かった気がする。

家族が死んだり、病気になったり、失業したり、蒸発したり…極限の不幸と対比すれば、希望や強さがガンガンに浮き出るのはある意味当然。なんて斜めに物事を見てはいけません。

すごく有名な作詞家さんみたいなので、そっちに専念していれば…



posted by はなちゃん at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。