2009年04月08日

クライマーズ・ハイ/横山 秀夫


日航空機墜落事件に関する小説だと聞いていたので、どんな内容かと思って読んでみたら、文句ないおもしろさ。命の重さ、メディアの役割、組織の中での争い…

予想していたのは飛行機の方の話かなと思っていたけれど、それを報道する側の話だったのでびっくりしたが、ジャーナリズムの真髄を描き、人と家族との絆も見事に浮き上がらせる、とてもいい作品だと思う。

筆者が元記者で、御巣鷹山の墜落事故にも、当時記者として関わっていたとのことから納得。

信じた道を進むことと、悔いなく生きるって似ているようで、相容れないものがあるような気がした。






posted by はなちゃん at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。