2009年03月17日

サンフレッチェ広島vs大宮アルディージャ(第2節)

2−3 (広:高萩、森脇 大:マト×2、市川)

試合のほとんどを広島が支配したのに、勝利を手にしたのは大宮。なんとも不思議な試合だった。チャンスを決め切れないとこういうことになるんだよ!という見本のような試合。

ミキッチから柏木、寿人からの落とし、サイドチェンジが入ると流れるような動き出しから、ワンタッチパスが出るシーンが多い印象。

チームとして「こうやって攻めるんだ」「ここがスイッチ」と意思統一されている感じがある。

大宮の藤本も「広島に対して、プレスはかけづらかった。非常に勉強になった。浦和とかもそういうチームだけど、浦和よりも巧かったと思う。」と認めるぐらいのパスワーク。大宮のディフェンスはブロックを作って対応していたけれど、チンチンにされていた。

ただそれだけ人もボールも動いていて、試合も支配して、チャンスもたくさん作っても、調子にのりすぎてカウンターから負けるのが広島っぽいというか…

決定力を高めて、逆決定力(ピンチに決められる率?)を下げないとせっかくの質の高いサッカーなのにいまいちな成績になりそう。

大宮は試合を拾うのがうまいというか…さすが降格争いを毎年するのに落ちないチーム(笑)勝ち点1どころか勝ち点3を拾ってしまった。

ルーキーの市川も点を決めちゃったし、石原、藤田も及第点と言えるだけの機能を見せた。ここにデニス・マルケス、ラフリッチ?が帰ってきたらどうなるか!?

次節の鹿島と広島の試合はちょっと面白そうだな〜




posted by はなちゃん at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。