2009年03月31日

vs川崎フロンターレ戦スカパラLIVE参戦決定!

5/24(日)vs川崎フロンターレ戦に“東京スカパラダイスオーケストラ”LIVE参戦決定!

2004年の開幕戦以来のスカパラLive in 味スタ!!

あの時は阿部ちゃんのゴールで勝ったな〜。今回はどうなるだろう?スカパラがライブするだけで見に行く価値が上がる!!

スカパラ目当ての方も来るだろうし、いいサッカーをして、勝利して、ライブも試合も盛り上がり、スカパラファンが東京ファンに、東京ファンがスカパラファンになれたらいいな!!




スカパラのユルネバは東京っぽくてイイ
posted by はなちゃん at 22:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

vsヴィッセル神戸(ナビスコ第2節)

090330_212921.JPG1−0 (東:大竹)

ノリオが中払状態で笑った!MXさん、あれは愛情の裏返しではなく、裏切り者に対する洗礼です。

しかし、ノリオのFKは敵に回すとホント安心できて助かるな〜


ボールはあまり回らなかった。やりたいこともはっきりとしない。でも、去年の大分戦では負けた、スタメンの大幅入れ替え&若手の起用で勝利という結果を出せた。

サブ組のモチベーションも上がるし、スタメン組には危機感も出てくるだろう。特に浅利や椋原の活躍、今野のDF安定感は次も見たい。大竹もわかりやすいゴールという結果が出たことが一番の薬になれば。

結果オーライだけれど、昨年からずっと目指すサッカーのわりに佐原がロングボールを蹴りまくることが気になる。

まぁカップ戦なので結果が第一。今回はナビスコ厳しいけれど、首位とも勝ち点差1だし、まだ分からない。



個人的に梶山・大竹のトップ下は面白いと思う。羽生のボランチも追い越すフリーランニングができる選手だけにいけそう。あとはワントップでナオや達也を入れて中盤厚く、飛び出せる選手な4−2−3−1が見てみたい。浅利の仕事を今野ができれば…

蹴りたい言葉J サッカーがしたくなるJリーグの名言(COSMO BOOKS) (コスモブックス) (コスモブックス) (コスモブックス)蹴りたい言葉J サッカーがしたくなるJリーグの名言(COSMO BOOKS) (コスモブックス) (コスモブックス) (コスモブックス)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 蹴りたい言葉J サッカーがしたくなるJリーグの名言(COSMO BOOKS) (コスモブックス) (コスモブックス) (コスモブック..
>>Seesaa ショッピングで買う


posted by はなちゃん at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | バモバモ東京観戦2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

JFL前期第3節

【前期第3節】

流通経済大学 0-2 アルテ高崎
横河武蔵野FC 4-1 FC琉球
ソニー仙台FC 2-0 町田ゼルビア
SAGAWA SHIGA FC 1-1 佐川印刷SC
Honda FC 2-1 V・ファーレン長崎
ガイナーレ鳥取 4-1 三菱水島FC
FC刈谷 0-0 ジェフリザーブズ
ニューウェーブ北九州 0-1 TDK SC
ホンダロック 1-1 MIOびわこ草津

鈴木弘大も池上も小澤もゴールならず…

町田はFWの選手が怪我みたいだし、初戦以来なかなか結果が出ない厳しい時期ですね。同じく準加盟の鳥取は3連勝ですばらしい開幕ダッシュ。

蹴りたい言葉J サッカーがしたくなるJリーグの名言(COSMO BOOKS) (コスモブックス) (コスモブックス) (コスモブックス)蹴りたい言葉J サッカーがしたくなるJリーグの名言(COSMO BOOKS) (コスモブックス) (コスモブックス) (コスモブックス)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 蹴りたい言葉J サッカーがしたくなるJリーグの名言(COSMO BOOKS) (コスモブックス) (コスモブックス) (コスモブック..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by はなちゃん at 21:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

日本vsバーレーン(W杯最終予選)

090328_215835.JPG1−0 (日:中村俊)

1年で5回も戦って、日本のことを知り尽くしたと思っていたバーレーンも、日本に伝わる格言までは知らなかっただろう。

ハゲ頭は滑る…


日本はオーストラリア戦と同様に、ボールをしっかりと回し、バランスを崩さず、リスクを冒さないサッカー。

予選を2位までが突破できるという今回の予選方式なら、こういうやり方が一番安全で、確実なのは確か。ただペースは日本が握っているし、支配しているのだけれど、それは相手も予想通り、狙いどおりなわけで。

悪くないけれど、よくもない。称賛もできないし、罵倒もしっくりこない。結果、不完全燃焼感だけが残る。

ただ今日、勝てたのは大きい。ウズベキスタンもカタールに勝ったし、これで予選突破はほぼ確実。3位との勝ち点差が7あるので、6月の3連戦で1勝2敗、もしくは3分けでもОK。

そしてW杯に向けて、ここからの上澄みは果たしてあるのだろうか…誰が、どうやって決める?選手の能力ではなく、狙いは深まっているのだろうか。
posted by はなちゃん at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

目黒邑さんが…

090327_234639.JPG


東京のカリスマ?目黒邑様がホットラインを卒業!?
なんてこった…

昨日、「みなさんのおかげでした」の「細かすぎて〜」を見ながら妻と「永島さんのモノマネみたいに目黒邑のモノマネする人が出てきてほしい」と話していたばかりなのに…

明後日は東ちゅーコーナーの終了を飾るためにも負けられない戦いになりそうだ。今日は負けられない日だ〜

コーナーは終わっても目黒邑は永久に不滅です!


posted by はなちゃん at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

ソウルvsガンバ大阪(ACL)

2−4 (ガ:山崎、レアンドロ×3)

どちらかと言えばソウルが試合の流れをひきよせていたけれど、藤ヶ谷のファインセーブなどもあり、しっかり受け止めてセットプレー、カウンターで圧勝。

ガンバ強い…

それにしても山崎のACLでの得点力は神がかっている。レアンドロの決定力もすばらしい。ガンバにきて、イキイキしてるし、質のいいパスがくるから少ないチャンスでハットトリック。

これで連携が取れるようになったら手がつけられないぞ…

東京が勝てないソウルにこうもあっさりと…


posted by はなちゃん at 21:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

vs柏レイソル(ナビスコ1節)

090325_230054.JPG1−3 (東:カボレ 柏:山根、ポポ、大津)


試合が作れない。パスを回せばミスからカウンターをくらい、速攻を仕掛ければ、奪われて全体が間延びする。

ちょっと重症…

そして代表がいないナビスコでベテランを使って、この程度しか「差」を見せられないなら、ドンドン若手を使って「勝負」に+α「経験の場」にしてもいいのではないだろうかと思う試合展開。

佐原のイエローはいらないし、いいプレーではないけれど、あれぐらいの戦う気持ちを全選手が見せてほしい。「シュート打て」というより「目覚めろ!お前ら!気持ちで戦え!」と。

まずはそこから。

それにしても南だけはガチだな。いや、ベタだな。バックパスを空振りして失点ってどんだけ〜。もはやダチョウ倶楽部クラスだ。

家本はジャッジの正確さや審判としての質うんぬんの前に、人として、選手・スタッフ・観客・解説者の信頼を得られてない今の状況で日本の最高峰のJ1のピッチに立つ資格はないと思う。


posted by はなちゃん at 23:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

きみの友だち/重松 清


「きみ」という人称で話が進んでいくので、最初、誰が語っているのか、語られているのかがいまいちよくわからなかったが、それにさえ慣れればとてもおもしろい話。

特に大きな事件が起こるわけではないけれど、すごく地味で、本当にすぐそこで起きていること、または自分に起きたことだったりして、身近なぬくもりを感じながら読める。

じんわり温まるすばらしい本でした。

ただこういうものに感動している、大人感覚になっている自分にも気づかされた。本当に友達関係で悩んでいる中学生や高校生はこういう本を読んで、どう思うのだろう。


posted by はなちゃん at 22:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

JFL第2節

JFLの2節が終わり、ガイナーレ鳥取が2連勝で首位!小澤くんも決勝ゴールを決めました。

びっくりなのが、FC刈谷の池上が2節終わって2ゴールで得点ランキングトップ!まだ2試合だけれど、すばらしい結果を残してる模様。


MIOびわこ草津 2-2 Honda FC
アルテ高崎 0-0 横河武蔵野FC
ジェフリザーブズ 2-0 ソニー仙台FC
TDK SC 2-0 佐川印刷SC
町田ゼルビア 0-2 ニューウェーブ北九州
V・ファーレン長崎 1-2 ガイナーレ鳥取
ホンダロック 1-0 SAGAWA SHIGA FC
三菱水島FC 1-1 流通経済大学
FC琉球 0-1 FC刈谷

Honda FCの鈴木弘大が未だ無得点。う〜ん…がんばれ〜!!
posted by はなちゃん at 23:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

vsモンテディオ山形(第3節)

090321_160457.JPG1−0 (東:羽生)


あけましておめでとうございます!(笑)

今シーズン初勝利で、やっと新しいシーズンが始まったな〜って感じがします。

初勝利を上げたと言っても、いろいろと課題はある。まだシーズン始ったばかりだし、あって当然。でも、「今日は負けられない」という試合でいきなり勝てたのは、昨年から成長した部分かな?とも感じます。

初勝利!
権田初完封!
城福さん、ドSアこと土斐アコーチ、バースデイ!
佐原復帰!
米本初出場!

これだけ記念日になるのに勝つって東京らしくないというか…今まではこういう記念の日ってたいてい負けてた気がする(笑)

試合の感想としては、前半はパスは回るけれど決められない。後半はリードしたのに落ち着かせられないと問題はあるけれど、全体的に安心して見れいられる試合でした。

ただ、ゆっくりとしたパス回しをサポが我慢できないのが心配。狙い通りなのにサポがイライラしたらリズムが崩れちゃうし、我慢を覚えないと…

以前ナンバーで中澤が「代表の試合でもホームだと、後ろで回しているとサポが速く攻めろってプレッシャーをかけてくる。それが最大の敵。それでも落ち着いて回していかないと。」みたいなことを語っていたのを思い出した。

劇的に良化するわけもないし、ゆっくりパスを回す時間も長くなるだろう。焦らず、じっくり応援していきましょう!

でも、今日は本当に勝ててよかった〜!


posted by はなちゃん at 20:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

螺鈿迷宮 上下/海堂 尊


「チームバチスタの栄光」のような展開を期待せずに、切り離して考えれば、終末医療のひとつの発想としてはおもしろく読めるのではないか。

前2作で名前だけ出ていた「氷姫」がついに登場し、医療もギャグにする感じは十分読める作品。ただ作家さんとしての力とか文章のうまさはあまりないので、目新しい内容と発想を楽しめばOK?

ナイチンゲールの沈黙もそうだけれど、次の「ジェネラルルージュの凱旋」を楽しむために、ぜひ読んだほうがいい1冊。ただ「ジェネラルルージュの凱旋」がとてつもなく面白いかと言えば、それはまったく別のお話。

作品の内容とはまったく関係ないけれど、この程度の文章量で上下巻にわけるのは…たくさんお金がほしいのでしょうか。





posted by はなちゃん at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

山形戦俺的プレビュー

明日久しぶりに対戦をする山形との対戦成績は

1999年 0−1(西が丘)
      2−1(山形)
      1−0(江戸川)
      1−2(山形)

おもしろいことに2勝2敗で、ホームもアウェーも1勝1敗。しかも逆スコアなので得失点は±0

ってことは明日の結果で、アウェー山形の結果もわかる!?



オマケ

3連休で暇なので調べてみた昇格組相手の成績は、

2001 札幌2−1(H)5−2(A) 浦和3−1(A)3−2(H)
2002 仙台1−3(A)2−0(H) 京都1−3(H)1−0(A)
2003 大分2−1(H)0−0(A) セレッソ0−0(A)2−1(H)
2004 新潟1−0(H)2−4(A) 広島1−1(H)1−1(A)
2005 川崎0−0(A)1−1(H) 大宮3−3(H)1−0(A)
2006 京都2−1(H)0−1(A) 福岡0−0(A)5−1(H) 甲府3−1(A)1−3(H)
2007 横浜1−0(H)2−0(A) 神戸0−0(A)3−1(H) 柏0−2(A)0−1(H)
2008 札幌1−0(H)2−1(A) 緑2−1(A)1−2(H) 京都3−3(H)1−1(A)

2001年(2000年は東京が昇格組なので除いた)から

<通 算>19勝11分8敗
<ホーム>11勝4分4敗
<アウェー>8勝7分4敗

圧倒的に38戦で8敗しているのが多いのか、少ないのかは別として勝ち点をとる確率は高め。しかもホームだとより勝率がいい。

さらに初めてJ1に上がってきたチームとの対戦はと見てみると

<初J1>7勝2分3敗
<ホーム>4勝1分1敗
<アウェ>3勝1分2敗

ホームだと6戦4勝1分とかなり相性はよい。しかも1敗はアウェーで甲府に3−1で勝ってホームで1−3でやられた。本当のホーム初対戦だと負けなし東京!
posted by はなちゃん at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

FC東京しおり

啓文堂書店 タイアップ企画について

今までは帰り道に便利だったのでオリオン書房で買い物をしていたのですが、おれの心を鷲掴みにするイベントが行われているため、最近はもっぱら啓文堂。

4種類そろいました。

090319_212558.JPG


ナオがダブっているので、ほしい方にはスタジアムでプレゼントします。あとは今ちゃんのみ。

個人的にモニの栞がないのがさみしい限りです。
posted by はなちゃん at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

爆笑問題の戦争論―日本史原論/爆笑問題


日清戦争から始まり太平洋戦争までの流れを漫才形式で解説。

爆笑問題の漫才好きだし、日本史が全然な私にはわかりやすく、おもしろい1冊だった。

まぁ本当は全然笑えないし、おもしろいできごとではないのですけれどね。


posted by はなちゃん at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

サンフレッチェ広島vs大宮アルディージャ(第2節)

2−3 (広:高萩、森脇 大:マト×2、市川)

試合のほとんどを広島が支配したのに、勝利を手にしたのは大宮。なんとも不思議な試合だった。チャンスを決め切れないとこういうことになるんだよ!という見本のような試合。

ミキッチから柏木、寿人からの落とし、サイドチェンジが入ると流れるような動き出しから、ワンタッチパスが出るシーンが多い印象。

チームとして「こうやって攻めるんだ」「ここがスイッチ」と意思統一されている感じがある。

大宮の藤本も「広島に対して、プレスはかけづらかった。非常に勉強になった。浦和とかもそういうチームだけど、浦和よりも巧かったと思う。」と認めるぐらいのパスワーク。大宮のディフェンスはブロックを作って対応していたけれど、チンチンにされていた。

ただそれだけ人もボールも動いていて、試合も支配して、チャンスもたくさん作っても、調子にのりすぎてカウンターから負けるのが広島っぽいというか…

決定力を高めて、逆決定力(ピンチに決められる率?)を下げないとせっかくの質の高いサッカーなのにいまいちな成績になりそう。

大宮は試合を拾うのがうまいというか…さすが降格争いを毎年するのに落ちないチーム(笑)勝ち点1どころか勝ち点3を拾ってしまった。

ルーキーの市川も点を決めちゃったし、石原、藤田も及第点と言えるだけの機能を見せた。ここにデニス・マルケス、ラフリッチ?が帰ってきたらどうなるか!?

次節の鹿島と広島の試合はちょっと面白そうだな〜


posted by はなちゃん at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

ガンバ大阪vsジュビロ磐田(第2節)

4−1 (ガ:遠藤×2、パク、レアンドロ ジ:ジウシーニョ)

う〜ん…結果と内容が一致しない試合だった。

正直、4点も取るほどガンバの出来はよくなかったし、3点差もつけられるほどジュビロも悪くなかった。

中盤でのパス回しもほぼ互角。ポゼッション率だけでいうと少しガンバが勝っていた気もするが、「効果的」という目で見ると変わらない。

ジュビロもひいてブロックをつくって回されるというより、回させても最後を守ろうという意図が見え、ほぼ狙い通りにピンチもなかったのだけれど、4失点…

川口のミスもあったけれど、セットプレーやPKなど個の力で押し切られた感がある…

ガンバは流れや勢いと関係なく、ポンっと点をとれるのはすごい。

そして何より西野監督が「ゲームはコントロールしていたし、使いたい選手も時間を確保して使えたのは良かった。今は結果が大事だと思っている。いろいろとキャストをかえながらやっている中で、問題ないと思います」と語るように、やっと選手が戻ってきて、いろいろ試しながら、連携を築きながらの、この結果。

中盤の軸が変わっていないから、落ち着いていろいろ試せるのが今のガンバの1番の強み。ACLすらいいテストの場に感じるもんな〜。

良くないからこそ、よりガンバの怖さを感じた。これで2007年シーズンみたいな連携が出てきたら…世界で戦えるんじゃん!?
posted by はなちゃん at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

vs浦和レッズ(第2節)

090314_135730.JPG1−3(東:OG 浦:阿部、エジミウソン、ポンテ)


「負けたね。」

あまりサッカーについて語らない妻からのメールにも現実をつきつけられる。

まさに完敗。何もさせてもらえず、浦和にはやりたいことをやられた。

戦術、技術、動きの質、気持ち。

すべての面で負けていた。あれだけのサッカーをされて負けると、昨年よりもある意味では清々しい。

今期の東京は未来を語るのだけのサッカーができていない。今をしっかり見つめて、一つ一つ問題をクリアしていかないと危ない。監督、選手ともしっかりと自分たちの方向性を信じて、気持ちをもって、切れずに進んでほしい。

サポも甘い夢にとらわれず、現状を受け入れチームを鼓舞し続けるないと。少なくともゴール裏が戦う姿勢を失ったらズルズルいきそうで怖い。

負けると悔しくて、イライラするのは自分も一緒だけれど、少なくとも90分は声だし続け、語るのはそれから。

ガーロ以前と以後でフロントも選手もサポも成長したことを示せなければ「経験」なんて紙屑ほどの価値もないものになってしまう。

まだ2節!とは言ってられない…とたかだか2試合を見て感じた。
posted by はなちゃん at 12:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

今日は浦和戦

第2節の浦和戦があと少し。そこで気になる大敗後の試合結果は…

1999 1-4 → 0-0△
2000 0-3 → 3-0○
   1-4 → 1-1△
2001 0-3 → 0-3●→2-1
   2-5 → 0-1●→1-1
2002 0-5 → 1-3●→4-0
   1-6 → 1-2●→0-1
2004 3-4 → 1-2●→1-0
   2-4 → 3-3△
2005 3-5 → 0-2●→1-2
   2-4 → 1-0○
2006 2-4 → 5-1○
   0-4 → 4-3○
   1-4 → 2-1○
   1-4 → 1-2●→0-0
2007 2-4 → 2-0○
   2-5 → 4-1○
   2-6 → 2-1○
   2-5 → 0-1●→2-3
   0-7 → 1-2●→1-1
2008 1-4 → 1-1△
   1-5 → 0-1●→3-2

4点以上取られたあとの試合の勝敗は8勝4分10敗
1−4での敗戦のあとの試合の勝敗は1勝3分1敗。△△○●△ときているので明日は△って感じ?

思ったより過去の成績は悲観するほどではないので、今日もがんばろう。
posted by はなちゃん at 00:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

vsアルビレックス新潟(第1節)

090313_234939.JPG1−4(東:祐介 新:ジウトン、ペドロ・ジュニオール×2、大島)


ゆーすけのゴールシーン、キャプテン翼っぽいゴラッソ!!ポストもこなしていたし、今のFWのファーストチョイスはゆーすけか。

連携も、バランスもちぐはぐな感じな開幕戦。そしてロスタイムでの失点&得点後の失点。毎年、毎年、繰り返してしまうことだよね。わかっちゃいるけど、やめられないってやつですか…

平松は嫌いなタイプの選手ではないので、ぜひがんばってほしい。ちょっとイレコミすぎか。出血あり、マークミスあり、相手にアシストあり、ゴールチャンスあり…いろいろなことを経験しすぎたぐらいの開幕戦。

権田はキックの飛距離のすばらしさと弾道の美しさに惚れる。今までの東京では想像もつかなかったGKからの美しいフィード。無理に落ち着かなくていいから、バタバタあがいて、チャレンジしてほしい。

アンカーに浅利タイプの選手がいないと、やっぱり落ち着きがでないのが課題か。パスを散らせる浅利がいればな…梶山、アンカーが安定感という意味ではいいのかもしれない。

守備も攻撃も連携が悪いし、ミスが多い。前半の感じでは負ける要素がなかったのに、ガンガン自滅していった。「継続」「発展」を掲げるチームにしては、不安の残る開幕戦だった。

スカパーの実況、バーサス、バーサスうるさかった。ダメな民放の放送っぽくなってた。
posted by はなちゃん at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バモバモ東京観戦2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

蔚山vs名古屋(ACL)

1−3 (名:吉田、ダヴィ、マギヌン)

名古屋、すごいいいサッカーしてたな〜。こういうチームが日本の代表クラブとして出ていると、嬉しいし、安心する。

ただボールなのか、芝なのかわからないけれど、ちょっとミスが多かったのが気になった。でも、内容も結果も圧勝。

イージーミスからカウンターをくらう展開も、CKから先制される展開も本来はよくないし、負けの原因になってもおかしくないのだけれど、見ていて不思議と危機感を感じなかった。

これだけのサッカーしていれば勝つでしょ!と思えるぐらい中身はよかった。

上まで行くと考えると開幕戦や蔚山戦のようなスロースタートだと、勝ちきれない試合も出てきそうだけれど。

あとは層の厚くない、選手に運動量の求められるサッカーの名古屋が過密日程でどれだけ踏ん張れるのかも見どころ。
posted by はなちゃん at 22:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。